このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の建設・まちづくりの中の新潟県立大学増築棟建設事業について
本文はここから

新潟県立大学増築棟建設事業について

2012年04月01日
新潟県では、県内高校生の約7割が県外大学に進学している現状を受け、県内での人材育成の充実を目的として、2009年4月に、旧県立新潟女子短期大学を男女共学4年制の「新潟県立大学」に移行しました。
移行に伴い、施設の充実を図るため、平成22年度に「新潟県立大学増築棟」を建設しました。
「新潟県立大学増築棟」の施設整備の概要を掲載しますのでご覧下さい。

施設概要

◇事業期間  
平成21年12月2日 ~ 平成22年12月28日

◇構 造  
鉄筋コンクリート造4階建て

◇延床面積  
3,065.50㎡
1階 794.10㎡/ 2階 794.10㎡/ 3階 732.50㎡
4階 719.60㎡/ PH階 25.20㎡

◇特徴
外部については、旧県立女子短期大学の本館として建設された現1号館の増築であることから、既存校舎の煉瓦調タイルのイメージを踏襲しています。
内部は現1号館同様の中廊下型の建物で、廊下部分が暗くなることを考慮し、採光のために廊下の間仕切にアルミ製ガラスパーテーションを数多く採用しています。
また、各階には「フロアカラー」を設定し、自身の位置を識別しやすくする工夫も行っています。
設備については、各室の使用状況に応じて自由に運転できるガスヒートポンプ方式エアコンの採用のほか、全熱交換器の採用、節水型器具の採用、LED照明の採用等、省エネ、省資源に考慮した建物となっています。

既存校舎(左)、増築棟(手前右)

リンク部分をクリックすると「工事進捗状況」がPDF形式でご覧になれます。
工事進捗状況(PDF形式  229 キロバイト)
PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする