このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の建設・まちづくりの中の「(仮称)十日町道路」の「ルート帯」を決定しました
本文はここから

「(仮称)十日町道路」の「ルート帯」を決定しました

2018年01月10日
 地域高規格道路「上越魚沼地域振興快速道路」の一部である「(仮称)十日町道路」について、地元や外部有識者の意見を踏まえ、県として、以下のとおり「ルート帯」(※)を決定しました。

 ※ ルート帯とは、300 〜500mの幅で示す概略ルートのことです。

1 決定ルート帯について(別紙1参照)

 提案した3案(別紙2参照)のうち、最も南側を通るルート帯である「土砂災害等危険箇所を極力避けたルート帯」(=Cルート帯)に決定しました。

2 決定ルート帯の特徴

・トンネル区間が多いため、冬期の安全性・走行性に優れ、降雨等による土砂災害のリスクが低く、代替路線としての機能性が高いルート帯である。
・十日町市が将来、開発を計画しているエリアを通過するため開発への支援が可能。
・影響する集落数が他案に比べ最も少ない。

3 今後の取組について

 今後必要な調査を行い、地域の理解を得ながら、早期事業化に向けて取り組んでいきます。

4 【参考】決定までの経緯について

①H29.9.25~11.24 :住民や企業等に対しルート帯選定に関する意見聴取を実施。
②H29.11月~12月 :意見聴取結果を踏まえて、県の対応方針(案)を作成。
③H29.12.15 :対応方針(案)について、検討委員会に諮り了承される。
④H29.12.18 :地元市町に対し対応方針(案)について意見照会を実施。
⑤H30. 1.10 :これらの結果を踏まえ、県の対応方針として、ルート帯を決定。

報道資料(PDF形式  95 キロバイト)
別紙1,2(PDF形式  507 キロバイト)
 大地とまちの縁がわ |  | 道路建設課