このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の建設・まちづくりの中の県管理道路の路面陥没による事故発生について(第3報)
本文はここから

県管理道路の路面陥没による事故発生について(第3報)

2017年12月07日

 本日の午前8時頃発生した、一般県道寺泊西山線の路面陥没による事故の復旧状況については、本日中に現地調査を終え、全面通行止めを解除する予定でしたが、調査範囲を広げる必要が生じたことから、解除の予定は、明日に変更となりました。

1 調査結果

・路面陥没が発生した箇所を掘削した結果、原因が橋とコンクリート擁壁の隙間から経年的に土砂が流出し、路面陥没に至ったことが判明しました。
・その調査結果を受け、同じ構造の対岸側についても調査の必要があると判断し、橋も含めた対岸側の舗装も撤去し、調査を実施しました。
 (全体調査範囲 延長16.4m、幅7.8m)
・他に路面下の空洞が無いことを確認しました。

2 明日の予定

 ・掘削調査した箇所の舗装を復旧します。
 ・安全を確認した後、午前中に全面通行止めを解除する予定です。