このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の入札・発注・売却の中の建設工事入札参加資格主観点の改正について
本文はここから

建設工事入札参加資格主観点の改正について

2015年02月20日
  建設工事入札参加資格の主観点について、平成28・29年度建設工事入札参加資格から以下のとおり改正します。

  ※印刷用はこちらからダウンロードしてください。
建設工事入札参加資格主観点の改正について(PDF形式  45 キロバイト)

1 若年者雇用に係る評点

    『第二次・新潟県建設産業活性化プラン(改訂版)』の施策体系に位置づけられた「本業強化」に係る取組促進のため、建設業の将来を担う若年人材を雇用した企業に対する評点を新設

     
   [若年者雇用に係る評点]  
     
    若年者(採用時30歳未満)を県内営業所において常勤で新規雇用した場合  
     若年者を1人以上雇用した場合・・・20点  
     技術者、技能労働者が含まれる場合・・・上記+10点  
 

                                                      (平成27年9月30日の直前4年間)

 
     

2 その他の評点

 
 ○ Made in 新潟 新技術普及・活用制度 
    「本業強化」に係る取組促進のため、「Made in 新潟 新技術普及・活用制度」の登録等に係る評点を新設

     
   [「Made in 新潟 新技術普及・活用制度」の登録等に係る評点]  
     
      制度に新規登録した場合・・・10点  
     制度の活用評価を受けた場合・・・10点  
 

                                                        (平成27年9月30日の直前2年間)

 
     
 

  ○ 社会貢献活動
     県の施策実現に関する現行項目と優先度の高い新項目をまとめた「社会貢献活動」に係る評点を新設

     
   [「社会貢献活動」に係る評点]  
     
      障害者雇用、男女共同参画、消防団協力事業所(※1)、就業体験受入れ(※2)  
     各10点(上限30点)(※1・2新規、平成27年9月30日の直前2年間(※2))  
     

  ※ 上記の他、「工事施工成績」に係る評点をインセンティブ強化の観点から見直し
     対象工事5件以上最高点・・・100点→150点
    対象工事4件以下最高点・・・ 75点→113点