このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の建設・まちづくりの中のうるおいの郷土はぐくみ事業 団体の紹介
本文はここから

うるおいの郷土はぐくみ事業 団体の紹介

2017年02月01日
新潟地域振興局地域整備部管内の活動団体について紹介します。

派川加治川環境整備協議会

「派川加治川環境整備協議会」は、新潟市北区の一般国道113号沿いを流れる派川加治川の周辺自治体を構成員として、平成19年4月に設立されました。
協議会設立前から、自主的に自治会や地元青年団等が、派川加治川の美化活動を行ってきましたが、平成19年に協議会が設立されるとともに「うるおいの郷土はぐくみ事業」に認定され、河川の水面及び法面の除草等、植栽等の環境美化に取り組んでいます。

活動概要

 
団  体  名 派川加治川環境整備協議会    
会 員 構 成 7名(役員、事務局)
活動開始時期 平成19年4月
活  動  日 春季、夏季、秋季で約5回活動
活 動 場 所 一級河川 派川加治川(新潟市北区島見町地内)南浜橋から下流230m
活 動 内 容 河川敷地の除草や植栽活動
団体から一言 派川加治川では、昭和初期頃まで、鮭が遡ってきたり、しじみが獲れたりして、大変地元住民には恵みがあり、愛着のある河川でした。近年、心ない人々による川へのごみ捨て等が目立ち始めたため、そのきれいな川であった当時を知っている地元自治会役員、青年団が立ち上がり、自主的に川の清掃活動を始めました。
ごみ捨て禁止を訴えた看板も設置しましたが、なかなか不法投棄が収まらない現状です。なるべく多くの人に、この地道な努力を知ってもらい、不法投棄が早くなくなることを願います。
また、再度植栽事業を立上げることで、「花」により、ごみ捨てをする心ない人々へのモラルに訴えるとともに、地域の人々からは「花」を見ながら川道を散歩していただいて、憩いの川になるように目指していきたいと思います。
現在、年に2~3回ほど、川の中で胴長靴を装って草刈機や鎌を持ち、清掃活動を行っています。作業を終えて川がきれいになると大変心が和み、更なる地域の美化活動への意欲が湧きます。

団体の活動地域を所管する事務所

新潟地域振興局地域整備部
住 所:950-8716 新潟市東区竹尾2丁目2番80号
電 話:025-273-3201 ファクシミリ: 025-275-8711
メール:ngt112140@pref.niigata.lg.jp