このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の人権・男女共同参画の中の髙木 千歩 さんが、女性のチャレンジ賞(男女共同参画担当大臣賞)を受賞しました。
本文はここから

髙木 千歩 さんが、女性のチャレンジ賞(男女共同参画担当大臣賞)を受賞しました。

2019年06月25日
 髙木 千歩 さんが、令和元年度女性のチャレンジ賞(内閣府男女共同参画担当大臣賞)を受賞しました。

◎ 受賞者の紹介
  髙木 千歩 (たかぎ ちほ)さん
  [十日町市 妻有(つまり)ビール株式会社 代表取締役]
 
~ 十日町市初のブルワリーを開設するなど様々な事業を展開し、地域の活性化に貢献。今も新たな挑戦を続け、女性の新たな分野へのチャレンジを後押しするモデルに。~

 2011年10月、両親の出身地十日町市に「地域おこし協力隊」として移住。活動後は十日町市に定住し、2014年4月、移住者4人で地産地消をテーマにしたビアレストランをオープン。県内外客に地元食材を使ったメニューを提供し、地産地消を目指した取組を行う。2016年4月には体験交流型ゲストハウスをオープン。農業体験、地元住民との交流イベントを実施するほか、コンサルティング事業や移住促進・交流事業も手掛けている。
 「十日町産のビールはないのか」とのお客様の声から、自らブルワリーを作ろうと考え、「クラフトビールで町おこし」というコンセプトでビール造りに向けた活動を開始。2017年1月、十日町市発のブルワリーである妻有ビール株式会社を設立。会社名は、この地域の活性化に寄与する企業でありたいとの願いから命名。
 十日町市のクラフトビール第1号として、自店やイベントでの提供のほか、地元のホテルなどへの提供も始まるなど、より需要が高まってきている。また、新たな取り組みとして、地域おこし協力隊時代の仲間の協力により地元産ホップの栽培にも挑戦している。

◎ 女性のチャレンジ賞について
 起業、NPO法人等での活動、地域活動等にチャレンジすることで輝いている女性個人、女性団体・グループ及びそのようなチャレンジを支援する団体・グループを顕彰し、チャレンジの身近なモデルを示すこと等によって男女共同参画社会の実現のための機運を高めることを目的として、平成16年度から内閣府(担当:男女共同参画局総務課)が実施しています。

【表彰式】
 日時:令和元年6月25日(火)17時40分~18時05分
 場所:内閣総理大臣官邸(東京都千代田区永田町2-3-1)

   
報道資料(PDF形式  96 キロバイト)
PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする