このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の人権・男女共同参画の中の内閣府でAV出演強要・「JKビジネス」による被害に関する相談窓口等を紹介しています。
本文はここから

内閣府でAV出演強要・「JKビジネス」による被害に関する相談窓口等を紹介しています。

2017年04月20日
 いわゆるアダルトビデオ出演強要問題やいわゆる「JKビジネス」と呼ばれる営業により児童が性的な被害に遭う問題などが発生しており、若年層の女性に対する性的な暴力の問題は深刻な状況にあります。
 こうした問題はいずれも「女性に対する暴力」に当たる重大な人権侵害であるとともに、女性活躍の前提となる安全で安心な暮らしの基盤を揺るがす問題となっています。
 特に、年度当初の4月は、進学、就職等に伴い若者の生活環境が大きく変わる時期であり、こうした被害に遭うリスクが高まることも予想されることから、国では、「いわゆるアダルトビデオ出演強要問題・『JKビジネス』問題等に関する緊急対策」をとりまとめました。
 具体的な取組の一つとして、内閣府男女共同参画局では本問題について注意喚起を図るためのサイトを開設し、被害事例や相談窓口等を紹介しています。