このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の報道発表資料の中の鶏の死亡数増加の事案について
本文はここから

鶏の死亡数増加の事案について

2016年12月05日
 鶏の死亡数増加の連絡がありましたが、簡易検査の結果、陰性となりました。

1 農場の概要

(1)農場所在地:柏崎市
(2)飼養状況:ブロイラー 10万羽

2 経緯

(1)平成28年12月5日に農場内で32羽の死亡を確認したことから県に連絡。
(2)中越家畜保健衛生所が簡易検査を実施したところ、7羽中7羽が陰性となった。

3 今後の対応

(1)鳥インフルエンザの発生は認められないため、特別な対応はありません。
(2)引き続き、防疫の徹底を指導します。

4 報道機関へのお願い

 当該農場への取材は、新たな感染や混乱を招く恐れがあることから、厳に慎むようお願いします。

我が国では、これまで家きん卵及び家きん肉を食べることにより、鳥インフルエンザウイルスが人に感染することは報告されていません。
報道資料(PDF形式形式  68 キロバイト)
<この記載事項に関する問い合せ先>
農林水産部畜産課 山口課長
電話 025-280-5307
内線 2960