このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の報道発表資料の中の(上越市)高病原性鳥インフルエンザを疑う事例の遺伝子解析及び高病原性鳥インフルエンザウイルスのNA亜型の確定について
本文はここから

(上越市)高病原性鳥インフルエンザを疑う事例の遺伝子解析及び高病原性鳥インフルエンザウイルスのNA亜型の確定について

2016年12月02日

1 概要

 農林水産省から、上越市で確認された高病原性鳥インフルエンザを疑う鶏について、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構動物衛生研究部門における検査の結果、高病原性鳥インフルエンザ(H5N6亜型)の患畜であることが確認されたとの発表がありましたのでお知らせします。

2 報道機関へのお願い

 発生農場での取材は、本病のまん延を引き起こすおそれがあることから、厳に慎むようお願いします。

我が国では、これまで家きん卵及び家きん肉を食べることにより、鳥インフルエンザウイルスが人に感染することは報告されていません。
報道資料(PDF形式形式  76 キロバイト)
<この記載事項に関する問い合わせ先>
農林水産部畜産課 山口課長
電話 025-280-5307
内線 2960