このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の農林水産業の中の死亡牛BSE検査状況
本文はここから

死亡牛BSE検査状況

2019年05月31日
家畜保健衛生所では令和元年度から48か月齢以上の起立不能牛および96か月以上の死亡牛について全頭BSE検査を行っています。
なお、平成30年度までは48か月齢以上の死亡牛全頭を検査していました。

・平成28年度は482頭の検査を行い、全頭陰性を確認しました。
・平成29年度は448頭の検査を行い、全頭陰性を確認しました。
・平成30年度は467頭の検査を行い、全頭陰性を確認しました。
・令和元年度は4月までに15頭の検査を行い、全頭陰性を確認しました。
  平成28年度 平成29年度 平成30年度 令和元年度
4月 35頭 26頭 36頭 15頭
5月 24頭 39頭 31頭  
6月 41頭 22頭 31頭  
7月 37頭 38頭 41頭  
8月 67頭 61頭 61頭  
9月 50頭 40頭 49頭  
10月 26頭 39頭 48頭  
11月 45頭 35頭 29頭  
12月 42頭 43頭 32頭  
1月 29頭 29頭 43頭  
2月 36頭 37頭 36頭  
3月 50頭 39頭 30頭  
合計 482頭 448頭 467頭  

新潟県家畜保健衛生所の総合ページ「家保のひろば」へのリンク