このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の報道発表資料の中の大学と連携した地域活性化事業(テーマ型)
本文はここから

大学と連携した地域活性化事業(テーマ型)

2019年08月06日
 県では、大学生が過疎地域等の集落に出向き、訪問調査や話し合いを通じて地域活性化のヒントを探る「大学と連携した地域活性化事業」を実施しています。加えて、本年度より新たに、大学が県内の先行的な地域づくりを行う地域において調査研究を行い、専門的分析及び評価を共有することにより、地域活性化に向けた取組の広がりを図る「テーマ型」を創設しました。
募集案内(PDF形式  200 キロバイト)
募集要領(PDF形式  197 キロバイト)

調査テーマ

 住民主体で設立された地域づくり団体がどのように生まれ、どのように展開したか(「コミュニティ自治」の展開過程)

事業概要

事業概要と調査内容(PDF形式  312 キロバイト)

調査対象地域と調査研究を行う大学

大学名 調査対象団体 団体の所在地 調査時期(予定)
大正大学地域創生学部
地域創生学科
特定非営利活動法人
かみえちご山里ファン俱楽部
上越市大字増沢 10月下旬、11月上旬 他
新潟経営大学観光経営学部
観光経営学科
株式会社あいポート仙田 十日町市中仙田 8月中旬、10月下旬 他
新潟大学人文学部
人文学科
高根フロンティアクラブ 村上市高根 9月上旬~10月中旬 他
テーマ及び調査地域(PDF形式  131 キロバイト)

参考