このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の募集・申込みの中のふるさと新潟応援寄付金のお礼の品「利用券(体験)」・「利用券(宿泊)」のページ
本文はここから

ふるさと新潟応援寄付金のお礼の品「利用券(体験)」・「利用券(宿泊)」のページ

2016年11月25日
新潟県の春・夏・秋・冬体験、はじめます。
2016年7月23日より、「ふるさと新潟応援寄付金」のお礼の品の種類を拡充し、実際に新潟県に足を運んでいただき、本県の魅力を体験できるメニューに共通で利用できる「利用券(体験)」、県内の宿泊施設に共通で利用できる「利用券(宿泊)」を追加しました。

また、2016年11月25日より、利用券(体験)の対象となる冬季体験型メニューのラインナップを拡充しました。
さらに、利用券(宿泊)の対象施設についても、追加しました。

このページでは、利用券の利用対象となる体験メニュー及び参加宿泊施設の一覧を掲載しています。

★ 体験メニュー一覧、参加宿泊施設一覧はこちら!

体験メニュー一覧(2016年11月25日現在)(PDF形式  1394 キロバイト)
参加宿泊施設一覧(2017年5月1日現在)(PDF形式  393 キロバイト)

「利用券」の利用のしかた

①「ふるさと新潟応援寄付金」で新潟県に寄付し、お礼の品の中から「利用券(体験)」又は「利用券(宿泊)を選択し、利用券が届くのを待つ。

②利用券が届いたら、上記の体験メニュー一覧又は宿泊施設一覧を参照し、行いたい体験メニューや宿泊したい宿を調べる。

③体験メニュー又は宿泊施設を決めた後、各メニューの「問合先」へ連絡(予約)する。
 予約の際、「ふるさと新潟応援寄付金の『利用券』を利用したい。」と、必ず伝える。

④(宿泊の場合)チェックイン時に利用券を提出する。

⑤体験メニューで、新潟県の自然を満喫する。
 または、新潟県の宿に宿泊する。

⑥(体験の場合)利用料金の精算時に、利用券を提出する。
 (宿泊の場合)割引後の利用料金を支払う。

「利用券」に関する注意事項

※ 原則、各体験メニュー提供事業者又は各宿泊施設へ予約の連絡をしてから、体験又は宿泊してください。
  予約なしで事業者へ体験又は宿泊を申し込んでも、体験又は宿泊できないことがあります。
 
※ 予約の際、「ふるさと新潟応援寄付金の利用券を利用したい」旨、必ずお伝えください。
  利用券の利用の旨を事業者又は施設へ伝えなかった場合、体験・宿泊当日に利用券による割引を受けることができない場合があります。

※ この体験メニュー一覧及び宿泊施設一覧は、発行日時点のものであり、その後実施状況が変更となる場合があります。
  このページにおいて、最新の情報を更新していますので、適宜ご確認いただきますようお願いします。

※ この利用券は、寄付者本人以外の方は利用することができません。
  ただし、次の方についてのみ、利用することができます。
  ① 寄付者本人の同行者
  ② (寄付者本人不在の場合)寄付者の3親等内の親族及びその同行者
  なお、寄付者本人が不在の場合、利用する方の氏名及び寄付者との続柄を利用券に記載していただきます。

PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする