このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の市町村・地域振興の中の地域の話し合い促進事業
本文はここから

地域の話し合い促進事業

2018年06月28日

1 目的

 近年、人口減少・高齢化が進み、活気が失われつつある集落等が増えています。
地域が元気でいられるように、地域の課題や将来像について、住民みんなで話し合ってみませんか。
 県では住民主体の地域づくりを促進するため、「話し合い」のきっかけづくりを支援します。

2 事業内容等

◯事業内容
 集落等は、集落等が抱える課題や将来像等について、女性や幅広い年代層を構成員とした話し合いの場をつくり、集落活性化に向けた話し合いを行います。
 話し合いにあたって、県は市町村と連携しつつ地域づくり専門家を派遣し、話し合いを支援します。

◯話し合いの内容
 住民自らが考える課題や展望をもとに、地域づくり専門家と協議の上設定します。
 例)・地域づくりの専門家による集落活性化の取組の紹介
   ・地域の現状や課題
   ・地域のあるべき姿、将来像
   ・地域活性化策(外部人材の活用、集落間連携) 等

◯話し合いの日程
 概ね平成30年6月頃から平成31年3月までの期間のうち、集落と地域づくり専門家が協議の上決定します。なお、協議にあたっては県が間に入り調整します。
 1集落等につき3回以上の実施を想定しています。

◯募集する集落等数【平成30年度の募集は終了しました】
 7箇所

◯応募条件【平成30年度の募集は終了しました】
 次の(1)~(2)を全て満たすものとする。
(1)新潟県内にある集落等(市町村における行政区、自治会、町内会等)等。
(2)「話し合い」をきっかけとして地域活性化に取り組む意欲のある集落等。

◯募集期間【平成30年度の募集は終了しました】
 平成30年4月2日(月曜日)から平成30年5月7日(月曜日)まで

◯実施集落等・専門家の決定方法【平成30年度の募集は終了しました】
(1)集落等から提出された地域の課題や展望などの情報をもとに本事業の趣旨に合っているかを判断し決定します。
(2)集落等の状況に応じて、見識のある地域づくりの専門家を県が決定します。
(3)必要に応じて、現地ヒアリングを実施します。
(4)選考結果は、応募のあった全ての集落等に速やかに文書で通知します。
(5)選考の内容や経過に係る質問等は、受け付けません。
 
◯応募方法【平成30年度の募集は終了しました】
(1)集落等は、申請書に必要事項を記入し、市町村に提出してください。
(2)市町村は管内集落等の申請書を取りまとめ、推薦の上電子メールにより県(下記担当)に提出してください。

3 その他

(1)本事業は「話し合い」の促進のためのきっかけづくりを行う事業であるため、市町村におかれましては、本事業の終了後も集落等の継続的な話し合いや地域活性化に向けた取り組みについての必要な助言・支援をお願いします。

(2)本事業の採択を受けた対象集落等については、県が別途実施する地域づくりコーディネーター育成事業のOJT研修現場とさせていただく場合があります。
集落等募集要領(PDF形式  97 キロバイト)
申請書(集落等記入用)(PDF形式  54 キロバイト)
申請書(集落等記入用)(Word形式  18 キロバイト)
申請書(市町村記入用)(PDF形式  37 キロバイト)
申請書(市町村記入用)(Word形式  17 キロバイト)
募集チラシ(PDF形式  215 キロバイト)
過去の主な実施例(PDF形式  172 キロバイト)

4 平成30年度採択地域一覧

実施地域 講師
三条市
西大崎一丁目区自治会
特定非営利活動法人まちづくり学校
柏崎市
石黒地域
杣事務所
小千谷市
吉谷地区
特定非営利活動法人都岐沙羅パートナーズセンター
糸魚川氏
中能生地区
有限会社F&Cヨシザキ
妙高市
大鹿地区
認定特定非営利活動法人新潟NPO協会
上越市
寺野地区
新潟県NPO・地域づくり支援センター
関川村
コミュニティかわきた
特定非営利活動法人都岐沙羅パートナーズセンター

5 過年度の採択地域一覧

採択地域一覧(H27~29)(PDF形式  78 キロバイト)
PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする