このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の市町村・地域振興の中の大学生の力を活かした集落活性化事業
本文はここから

大学生の力を活かした集落活性化事業

2017年03月30日
過疎・高齢化等により地域内の活動の担い手が不足している集落に、外からの力として大学ゼミ等が入り、大学生の若い発想力や行動力、専門知識を活かして集落活性化に向けた調査研究を行い集落活性化策のヒントを探るほか、住民と学生とが交流し互いに刺激し合うことで地域の活力向上を図ることを目的に実施しています。

1 地域の活性化に向け、大学ゼミ等を受け入れる集落を募集します。~平成29年度 大学生の力を活かした集落活性化事業~

(1)応募資格
次の全てを満たすものとする。
・新潟県内にある集落(市町村における行政区、自治会、町内会等の地縁団体)等
・大学等の力を活かして集落の活性化を図る意欲があり、大学等を受け入れる態勢を整えることができる集落等。
・市町村から大学の受け入れに係る推薦がある集落等。
(2)募集期間
平成29年3月30日(木)~平成29年4月26日(水)まで
(3)応募方法
受入集落等申請書に必要事項を記入のうえ、下記提出先に郵送してください。
(4)その他
詳細は、次の募集案内及び受入集落等募集要領をご覧ください。
募集案内(PDF形式  410 キロバイト)
受入集落等募集要領(PDF形式  90 キロバイト)
受入集落等申請書(Word形式  19 キロバイト)
受入集落等申請書(PDF形式  46 キロバイト)

2 申請書の提出先

新潟県総務管理部地域政策課雪対策室
〒950-8570
住所:新潟市中央区新光町4番地1(郵送の場合、住所の記載は不要)
電話:025-280-5096
FAX:025-280-5227
電子メール:ngt010130@pref.niigata.lg.jp

3 年間スケジュール

4 これまでの調査研究報告等

平成28年度は、次の大学ゼミ等が12地域で調査研究を行いました。【新規8件、継続4件】

(1)新規 8件
  参加大学名 調査研究内容 調査地域
県外大学 大正大学(地域創生学部)
東京農業大学(地域環境科学部)
地域資源の掘り起こしや地場生業構築への展開策を提案 阿賀町室谷
法政大学(現代福祉学部)
大月市立大月短期大学(経済科)
レストラン施設の有効活用から地域活性化策の提案へ 小千谷市真人町
芝浦工業大学(工学部) 廃校を活用した各種イベントの企画やその定着化 上越市浦川原区末広
駒澤大学(経済学部) 地場産品の安定販売やそばのPR、集落案内マップの作成 佐渡市羽茂大崎
県内大学 新潟大学(教育学部)
新潟大学(農学部)
特産物をPRするためのロゴやパッケージデザインの開発 新発田市米倉
新潟大学(経済学部) 旅館等への誘客の調査、提案、継続性のあるイベントの企画 阿賀野市出湯
新潟医療福祉大学(社会福祉学部) サロン活動や祭りを定着させ世代間交流の活性化を図る 佐渡市新穂大野
県外+県内 日本大学(商学部)
新潟国際情報大学(情報文化学部)
地域資源を活用した交流人口の拡大や定住促進策の提案 妙高市大鹿
(2)継続4件
※過年度の調査研究を踏まえた取組の試行及び実践を行うもの。
  参加大学名 調査研究内容 調査地域
県外大学 大正大学(地域創生学部) 地域資源を活かした島外住民との共生
プログラムの実践
粟島浦村
東京工業大学(融合理工学系) 夏の集落PR動画や学祭での産品の販売、
地域の魅力と民宿を絡めたPR
魚沼市大白川
専修大学(経営学部) 書籍の出版や特産物の商品化、実販売へ 南魚沼市辻又
東洋大学(経済学部) 移住体験ツアーの試験的実施 糸魚川市上南

平成27年度は、次の大学ゼミ等が8つの地域で調査研究を行いました。

8件

  参加大学 調査研究内容 調査地域
県外 大正大学 地域資源を活かした島外住民との共生プログラムの構築 粟島浦村
NCPフィールドワーク
東京工業大学 地域の特産品の開発と販売ルートの拡大 魚沼市
国際開発工学専攻 大白川
東洋大学 地域のライフスタイルを発信する移住体験ツアーの企画 糸魚川市
経済学部 上南地区
横浜国立大学 大学生と地域住民による野外教育プログラムの共同開催 津南町
教育人間科学部 三箇地区
県内 新潟大学 歴史と食を活かした集落活性化 村上市
法学部 長津地域
共同 岐阜大学地域科学部 インターネットを介した見守りシステムの導入 上越市
名古屋市立大学人文社会学部 川上地区
新潟国際情報大学情報文化学部 湯治体験ツアープランの企画と旅館活性化 妙高市
日本大学商学部 燕温泉
新潟大学教育学部 湯治文化の再生に向けた観光客誘致 南魚沼市
明治大学政治経済学部 上野

各大学の調査研究の報告書等はこちらです。

平成26年度は、次の大学ゼミ等が8つの地域で調査研究を行いました。

8件(県外4件、県内4件)

  参加大学 調査研究内容 調査地域
県外 相模女子大学 地域の潜在的な魅力を活用した仕事づくり 十日町市
人間社会学部 枯木又集落
首都大学東京 スマホアプリ等を活用した地域の情報発信 魚沼市
システムデザイン学部 横根
専修大学 ICT(情報通信技術)による農産品の販売促進 南魚沼市
経営学部 辻又
横浜国立大学 地域文化の伝承に関する調査研究 糸魚川市
教育人間科学部 根小屋区
県内 新潟医療福祉大学 QOL(生活の質)を鍵とした集落の魅力創造 粟島浦村
健康科学部
新潟国際情報大学 長期滞在型の温泉保養地に関する提案 妙高市
情報文化学部 燕温泉
新潟大学 地域の特産品・観光ルートの開発 村上市
法学部 長津地域
新潟大学 直売所や体験交流等に関する調査研究 新発田市
農学部 米倉

各大学の調査研究の報告書はこちらです。
PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする