このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の防災の中の空き家の除雪について
本文はここから

空き家の除雪について

2016年11月30日

【空き家所有者・管理者の皆様へ】 空き家の雪下ろしなど適切な管理を行いましょう!

 空き家は、その所有者・管理者の責任において適切に管理を行うべきものですが、屋根雪が放置されて、倒壊等により近隣に危害を及ぼすおそれのある事例が毎年発生しています。
 空き家を放置し他人に損害を与えた場合は、空き家の所有者・管理者が損害賠償責任を問われることもあります。
 空き家の所有者・管理者の皆様には、適期の雪下ろしの実施など空き家の除雪をお願いします。

(参考)屋根雪下ろしが必要な空き家の例(PDF形式形式  271 キロバイト)

空き家関連法令・条例

平成27年2月26日に「空家等対策の推進に関する特別措置法」が施行され、倒壊の恐れ等のある空家等(「特定空家等」)の所有者に対し、市町村は撤去や修繕を勧告・命令できるようになりました。


◆新潟県住宅の屋根雪対策条例(平成24年新潟県条例第45号)第11条第1項では、空き家の所有者・管理者は、空き家の屋根雪下ろしその他保安上必要な管理を行うよう努めるものとする旨規定されています。

空き家除雪に関する相談

 空き家の管理(除雪)に関してお困りの方は、空き家が所在する市町村や公益社団法人新潟県宅地建物取引業協会などに御相談ください。

雪情報サイト

雪下ろしのタイミングを検討される際の参考となるサイトをご紹介します。
◎新潟県の雪情報

新潟県では12月1日から3月31日まで県内37地点の降雪量予測情報などを配信する「新潟県の雪情報」を運用しています。

【配信情報】
 ○ 県内37地点の気象情報等
  ・ 降雪予測(降雪量、時間毎降雪強度)
     ※印刷用PDFファイルもご利用いただけます。
  ・ 気象現況(天気、降雪量、積雪深)
  ・ 過去の降積雪統計データ
 ○ 気象庁発表の特別警報・警報・注意報

◇午後3時から翌朝9時までに10センチメートルを超える降雪が予測される場合、希望する地点を登録すると、午後4時に携帯電話へメールでお知らせするサービスも実施しています。

◎気象庁
 気象庁では、大雪や暴風雪に対して早め早めの行動がとれるよう、大雪・暴風雪に関する最新の防災気象情報ページを設置しています。
 大雪警報相当規模の積雪が見込まれ、かつ、大雪後の降雨により積雪の重さが一層増す場合等、概ね建築基準法に定める積雪荷重に相当する重量分を超えることが予想される場合に、各地方気象台等が発表する府県気象情報等で簡易な建築物等における大雪被害に対する注意を呼びかけることとしています。

◎雪氷防災センター
 国立研究開発法人 防災科学技術研究所 雪氷防災研究センターでは、雪氷災害の防止と被害の軽減を目指し、降積雪や雪氷災害に関する観測・実験・モデル研究を行っています。

 現在、屋根に積もった雪の重さを推定できる積雪荷重計算ツールをサイト上で公開しています。
 屋根の雪は、雨などで見た目以上に重くなることもありますので、雪下ろし時期を判断する参考情報として活用してください。
PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする