このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の報道発表資料の中の個人情報が記載された書類の交付誤りについて
本文はここから

個人情報が記載された書類の交付誤りについて

2019年06月19日
 県立中央病院において、県が医事業務を委託している業者の職員が、入院請求書を誤って別の患者に交付したことで、個人情報が漏えいしていたことが判明しました。
 今後、同様の事案が発生することのないよう、委託先を十分指導してまいります。

1 誤って交付した書類及び個人情報等

入院請求書:氏名、生年月日、住所、電話番号
診療明細書:診療内容(指導料、薬剤名、検査名)

2 経過

6月19日(水)午前11時10分頃、委託業者の職員が会計窓口で入院請求書を作成し患者を呼んだところ、別の患者の家族が窓口に来られ窓口で患者名を読み上げて確認したところ「はい」と返答があったため請求書を渡した。その後本来請求書を渡す患者からまだですかとの問いかけがあり、誤交付が判明。

3 対応

・本日中に、誤って入院請求書を交付した別の患者に委託業者と病院職員が謝罪に伺うとともに、入院請求書を回収した。
・患者本人に交付誤りと、請求書は既に回収したことを報告した。

4 その他

委託業者の概要
㈱BSNアイネット
 住 所 新潟市中央区米山2-5-1
 連絡先 電話 025-243-0211
 担 当 経営管理本部長 佐藤 英太

【報道資料】中央病院の交付誤り(PDF形式  86 キロバイト)