このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の県立病院の中の県立坂町病院のガーゼの体内残置について
本文はここから

県立坂町病院のガーゼの体内残置について

2015年12月18日
下記の医療事故について、概要をお知らせします。

1 患 者  下越地方在住の60歳代の男性

2 経 過
(1) 県内A病院における尿管結石治療の際のCT検査で腹腔内に腫瘍が確認され、平成27年11月に県内B病院において腫瘍を切除したところ、当該腫瘍は肉芽腫(※)であり、その内部にガーゼが確認された。
(2) 県内B病院から受診歴のあった坂町病院に連絡があり、坂町病院で手術歴等の調査を実施。
(3) 調査の結果、患者は昭和53年7月に坂町病院で十二指腸潰瘍の手術を受けており、それ以降、腹部の手術歴がないことが判明。
(4) 昭和53年当時のガーゼ遺残と判断し、患者さんに説明、謝罪。

※ [肉芽腫:体内の異物に対して、異物を隔離して体を守ろうとする体の働きにより、異物の周囲に細胞が集まって形成される塊]

3 事故の原因
昭和53年の手術時における術野確認が不十分であった。

4 現在の再発防止策
(1) マニュアルに従い、手術時に使用したガーゼのカウントを実施。
(2) X線不透過線付きガーゼを使用し、手術終了時にレントゲン撮影で確認。



○本件についてのお問い合わせ先
 県立坂町病院  事務長 野水 宏一
 0254-62-3111