このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の県立病院の中の県立新発田病院の医療事故について
本文はここから

県立新発田病院の医療事故について

2014年12月25日
 下記の医療事故(ガーゼの体内残置)について、概要をお知らせします。

1 患 者  新潟市在住の60歳代の女性

2 経 過
(1) 平成26年12月、県内他病院で右大腿骨の腫瘍掻爬、人工骨埋設手術を開始したところ、同部位にガーゼを発見し、除去。
(2) 他病院から患者のかかりつけである新発田病院に連絡があり、新発田病院で手術歴等の調査を実施。
(3) 調査の結果、患者は線維性骨異形成(※)のため昭和62年5月に新発田病院で右大腿骨の固定手術を受けており、それ以降、同部位の手術歴がないことが判明。
(4) 昭和62年当時のガーゼ遺残と判断し、患者さんに説明、謝罪。

※[線維性骨異形成:骨が作られる過程で異常が起こり、骨の内部が線維組織となり、骨の変形や病的骨折等が生じるもの。]

3 事故の原因
昭和62年の手術時における術野確認やガーゼカウントが不十分であった。

4 現在の再発防止策
(1) マニュアルに従い、手術時に使用したガーゼのカウントを徹底。
(2) X線不透過線付きガーゼを使用し、手術終了時にレントゲン撮影を実施。


○本件についてのお問い合わせ先
県立新発田病院 小林事務長
 0254-22-3121