このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の文化・芸術の中の新潟県立自然科学館 3月の催し物案内
本文はここから

新潟県立自然科学館 3月の催し物案内

2018年02月27日
自然科学館の3月の催し物案内です。

まだまだ寒い日が続いていますが、店頭には真っ赤ないちごが並び始め、少しずつ春の足音が聞こえてくるようです。
今はまだ雪に覆われている地面の下では、きっと生き物たちが暖かくなるのを今か今かと待ちわびていることでしょう。

これからの時期は、せり、うど、ふきのとうなど山菜類が旬を迎えます。その少しほろ苦い味が出会いと別れが入り交じる3月という季節によく合っていますね。

3月は一年の区切りとなる季節で、環境が大きく変わる方も多いかもしれません。卒園式、卒業式などを迎え、新たな生活に飛び込んでいくには少しの不安と大きな期待が入り交じることでしょう。

そんなとき、どんなに寒い冬のあとでも力強く芽を出す植物や、活発に動き始める生き物たちの姿にそっと背中を押してもらい、大きな一歩を踏み出せるとよいですね。


自然科学館では、3月も素敵なイベントを数多く揃えて皆様の御来館をお待ちしております!ぜひお誘い合わせの上、足を運んでみてはいかがでしょうか。


※減免制度のご案内※

 ・「ジュニア割」
  小中学生の平日の入館料が無料になります。

 ・「シルバー割」
  平日の入館料が無料になります。県内在住の60歳以上の方対象。(公的機関発行の身分証明書をご提示ください。)

 ・「パパ・ママ割」
  平日の入館料が無料になります。県内在住の未就学児同伴の保護者の方対象。(母子手帳をご提示ください。)

3月のおすすめイベントはこちら!

◆【2018年春の特別展】キモい展
「【2018年春の特別展】キモい展」の画像です
今年の春の特別展は、世界中から集めた奇妙な形をした生き物や普段の生活では目にしたくないような姿をした生き物にスポットをあてて紹介します。生き物がなぜこの形にならなければいけなかったのか「気持ち悪い」から一歩踏み込んでじっくりと観察してみませんか?

(開催会期:3月24日(土)~5月6日(日)※休館日4月9日(月)、16日(月)、17日(火)、23日(月)/時間:平日 9:30-16:30 土日祝 9:30-17:00 最終入場は閉館の30分前/対象・定員:どなたでも/会場:1階 特別展示室/特別展入館料:大人 800円 小・中学生 500円 ※別途入館料)

◎お得な前売券情報
 春の特別展「キモい展」の前売券を販売します。
 【販売期間】2月24日(土)~3月23日(金)
 【販売場所】セブンーイレブン、ローソン、新潟県立自然科学館
前売り料金 特別展 入館券セット
大人(高校生以上) 700円 1,270円
小人(小・中学生) 400円 500円


★【プラネタリウム(春の新番組)】宙ガール☆篠原ともえのレッツスターウォッチング
「★【プラネタリウム(春の新番組)】宙ガール☆篠原ともえのレッツスターウォッチング」の画像です
©EXPJ, Ltd/TAIYO KIKAKU co.,ltd.
星を観ることは、とってもオシャレで面白い!
宙ガールとして活躍中の篠原ともえさんが、スターウォッチングの楽しみ方を紹介してくれます。星や宇宙の魅力をもうちょっと知りたい人へ教えちゃうスターウォッチングの入門編‼
晴れた日に空を見上げてみよう。

(投映期間:3月17日(土)~6月17日(日)/投映時間:平日①11:00②15:00 土日祝 ①12:30②15:30/定員:200名/会場:1階 プラネタリウム/観覧料:大人210円、小・中学生100円 ※入館料別)



★「はんどるさん」自分だけの車をつくろう!~くるま育研究所ワークショップ~

「「はんどるさん」自分だけの車をつくろう!~くるま育研究所ワークショップ~」の画像です
身の回りにあるものを車に見立てて、自分だけの物語を作ってみよう!
協力:全国科学館連携協議会/企画・制作:トヨタ自動車、博報堂ブランドイノベーションデザイン局、Art Electronica、NPO CANVAS

(開催日:3月3日(土)/時間:①10:30~11:15 ②13:00~13:45 ③14:30~15:15/対象・定員:小学以上の親子 各回15組30名(要予約)/会場:1階 講堂/参加費:1組300円)



★【プラネタリウム特別投映】3.11震災を忘れない…『星空とともに』(ナイトイベント)
「【プラネタリウム特別投映】3.11震災を忘れない…『星空とともに』(ナイトイベント)」の画像です
東日本大震災の夜、仙台から灯りが消えた。満天の星が広がる夜空を見上げ、人々は何を思ったのか。震災時の星空にまつわるエピソードを2011年3月11日の星空とともに紹介する特別番組です。
制作:仙台市天文台

※3歳未満はご入場できません。

(投映日:3月10日(土)/投映時間:17:00~17:45/定員:200名/会場:1階 プラネタリウム/観覧料:無料(入館料不要))



★【科学教室】身近なもので電池を作ろう!
「【科学教室】身近なもので電池を作ろう!」の画像です
電池の中身ってどうなってるの?工作や実験を通して、電池の構造を学びます。みんなで協力して作る「人間電池」でオルゴールを鳴らしてみよう。

(開催日:3月24日(土)/時間:①10:30~11:30 ②14:00~15:00/対象・定員:小学3年生以上 各回15名(要予約)/会場:1階 科学室/参加費:200円)


※各イベントは別途入館料(大人570円、小・中学生100円)が必要です。


◇各イベントの詳細は下記チラシ(pdfファイル)もしくは自然科学館のホームページをご覧ください。
2018年3月の催し物(科学館チラシ表面)(pdf形式  775 キロバイト)
2018年3月の催し物(科学館チラシ裏面)(pdf形式  984 キロバイト)

新潟県立自然科学館
 住所:新潟市中央区女池南3丁目1番1号
 電話:025-283-3331
 FAX:025-283-3336