このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の文化・芸術の中の新潟県立自然科学館 12月の催し物案内
本文はここから

新潟県立自然科学館 12月の催し物案内

2017年11月30日
自然科学館の12月の催し物案内です。

日ごとに寒さが増し、厚いコートが手放せない季節になりました。
凛と澄んだ空気の中に街のイルミネーションがきらめき、心が華やぐ季節でもあります。
こたつで旬真っ盛りのみかんを味わうのも冬の風物詩ですが、ウィンタースポーツのシーズンも到来し、外に出たくてワクワクしている方も多いかもしれませんね。

12月は年末に向け、様々な季節の習慣があります。
一年で最も日が短くなる冬至にはかぼちゃを食べ、ゆず湯に入ると、一年間風邪をひかないと言われています。
また、大晦日には年越しそばを食べ、長寿や健康を祈願する習慣もありますね。

そんな日本古来の習慣を楽しみながら、元気に冬を過ごせるとよいですね。


自然科学館では、12月も素敵なイベントを数多く揃えて皆様の御来館をお待ちしております!ぜひお誘い合わせの上、足を運んでみてはいかがでしょうか。


※減免制度のご案内※

 ・「ジュニア割」
  小中学生の平日の入館料が無料になります。

 ・「シルバー割」
  平日の入館料が無料になります。県内在住の60歳以上の方対象。(公的機関発行の身分証明書をご提示ください。)

 ・「パパ・ママ割」
  平日の入館料が無料になります。県内在住の未就学児同伴の保護者の方対象。(母子手帳をご提示ください。)

12月のおすすめイベントはこちら!

◆プラネタリウム冬の新番組 「ノーマン・ザ・スノーマン~流れ星のふる夜に~」
「プラネタリウム冬の新番組 「ノーマン・ザ・スノーマン~流れ星のふる夜に~」」の画像です
©TAIYO KIKAKU co.,ltd / EXPJ, Ltd
“流れ星を見たい”という想いを胸に少年と雪だるまのノーマンは、流星群を見るために町を出る。心温まるコマ撮り人形アニメーション最新作!

(投影日時:12月23日(土・祝)~3月11日(日)/上映時間:平日 ①11:00②15:00 土日祝 ①12:30②15:30/定員:各回200名/会場:1階 プラネタリウム/観覧料:大人210円/小・中学生100円 ※入館料別)



◆科学館キッズパーク
「科学館キッズパーク」の画像です
冬季限定「科学館キッズパーク」を今年も開催します。段ボールめいろやプラズマカーなど楽しいコーナーが盛りだくさん!寒い季節でも天候を気にせず、思いっきり楽しんじゃおう。

(開催期間:12月2日 OPEN!/時間:終日/対象・定員:どなたでも/会場:1階 特別展示室/参加費:無料)



◆鳥のペーパークラフト作り
「鳥のペーパークラフト作り」の画像です
鳥のペーパークラフトを作って鳥の体について学ぼう!頭や胴体、翼はどんな形かな?
協力:日本野鳥の会新潟県

(開催日:12月3日(日)/時間:10:00~12:00/対象・定員:小学生以上 24名(要予約)/会場:1階 科学室/参加費:100円)



◆驚き・感動・歴史体験 火起こし体験
「驚き・感動・歴史体験 火起こし体験」の画像です
縄文時代の火起こし方法を体験!君も火を起こせるかな?

(開催日:12月9日(土)/時間:①13:00~14:00 ②14:30~15:30/対象・定員:どなたでも(小学6年生以下は保護者同伴) 各回40名(要予約)/会場:自然の科学3階 サイエンスラボラトリー/参加費:無料)



◆親子かがく教室「パチパチ!?静電気マスター入門」

「親子かがく教室「パチパチ!?静電気マスター入門」」の画像です
身近な静電気を利用した実験や工作を体験して、静電気マスターを目指そう!

(開催日:12月10日(日)/時間:①10:30~11:20 ②14:00~14:50/対象・定員:小学1・2年生の親子 各回10組20名(要予約)/会場:1階 講堂/参加費:1組200円)


※各イベントは別途入館料(大人570円、小・中学生100円)が必要です。
 

◇各イベントの詳細は下記チラシ(pdfファイル)もしくは自然科学館のホームページをご覧ください。
2017年12月の催し物(科学館チラシ表面)(pdf形式  913 キロバイト)
2017年12月の催し物(科学館チラシ裏面)(pdf形式  953 キロバイト)




新潟県立自然科学館
 住所:新潟市中央区女池南3丁目1番1号
 電話:025-283-3331
 FAX:025-283-3336