このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の文化・芸術の中のみんなで盛り上げよう!東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた文化プログラムの取組について
本文はここから

みんなで盛り上げよう!東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた文化プログラムの取組について

2018年03月30日

1 文化プログラムとは?

東京オリンピック・パラリンピック競技大会が2020年に開催されます。
オリンピック・パラリンピックはスポーツの祭典であると同時に文化の祭典でもあります。
2020年に向けて、県内各地で様々な文化プログラム(イベント)を実施し、東京2020オリンピック・パラリンピックを盛り上げていきましょう!

2 具体的にはどんなイベントが該当するのか?

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(以下「東京2020大会」という。)に向けての「文化プログラム」というと何か特別なイベントを実施しなければいけないというように思われるかもしれませんが、これまで各地域で行われてきた、伝統的な芸能、コンサート、各種アート、演劇等の舞台芸術、祭り、食文化など、様々なイベントが「文化プログラム」に該当します。

3 東京2020大会に向けた文化プログラムの枠組について

東京2020大会に向けて実施される文化プログラムは下記の3種類があり、認証機関から「認証」を受けることで、ロゴマークが付与され、そのロゴマークを活用して文化イベント(事業)の広報等に使用できます。

(1)東京2020文化オリンピアード

認証機関:東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会事務局
(注意:県では認証申請を受け付けておりません。)
東京2020文化オリンピアードは以下の2種類があります。

ア 東京2020公認文化オリンピアード(県内の文化プログラムは原則として認証対象外)
イ 東京2020応援文化オリンピアード

(1)概要
   東京2020大会に向けた機運醸成や大会後のレガシー創出に向けたアクション(イベント・事業等)を認証します。対象分野は8つあり、文化プログラムはそのうちの1つです。
(2)実施主体(非営利団体が基本)
   県・市町村、公益財団・社団、NPO,学校法人、商工会、自治会、町内会など
(3)認証要件
   以下の要件を満たしていること
   ① 以下の大会ビジョンに基づく基準がそれぞれ当てはまること
     ・全員が自己ベスト
      例:新たな試みを取り入れている取組
     ・多様性と調和
      例:性別・地域・世代・障がい者等多様な人々が参加できる取組
     ・未来への継承
      例:2020年以降も見据えた取組
   ② 以下の要素を1つ以上含んでいること
     ・日本文化の再認識と継承・発展
     ・次世代育成と新たな文化芸術の創造
     ・日本文化の世界への発信と国際交流
     ・全国展開によるあらゆる人の参加・交流と地域の活性化
(4)申請方法
   以下のリンクをクリックして、①→③の順に申請を行います。

東京オリパラ参画プログラム認証申請はこちら(東京2020大会組織委員会ホームページ)

(2)beyond2020プログラム

認証機関:新潟県、新潟市(新潟市内で実施されるイベント等)、内閣官房beyond2020事務局、文化庁beyond2020事務局など

(1)概要 
  beyond2020プログラムは、日本文化の魅力を発信するとともに、東京2020大会が開催される2020年以降を見据えた「レガシー(遺産)」創出に資する文化プログラムを認証します。
(2)実施主体
   法人に限らず、任意団体を含め、幅広く対象とします。
(3)認証要件
 ①日本文化の魅力を発信する事業・活動
  (伝統芸術、現代芸術、地域の祭り、食文化、工芸など幅広く対象とします)
 ②多様性・国際性に配慮した、以下のいずれかを含んだ事業・活動
  ・障害者にとってのバリアを取り除く取組
    例:バリアフリー対応の施設で開催するイベント、会場での障害者の誘導、手話通訳等の配置など      
  ・外国人にとっての言語の壁を取り除く取組
    例:英語でのパンフレット作成など

県は平成30年4月2日からbeyond2020プログラムの認証受付を開始しました!
同プログラムの認証を希望する方は以下をクリックしてください。↓

beyond2020プログラムの認証申請はこちらへ(新潟県文化振興課ホームページ)

4 文化情報プラットフォーム(Culture NIPPON)について

文化情報プラットフォーム(Culture NIPPON)については、全国で行われる文化プログラム(イベント)、文化施設などの情報を登録・発信するための共通の枠組みであり、文化庁が専用webサイトを運用しています。文化庁へのbeyond2020の認証申請は、文化情報プラットフォーム上で行うことができます。

Culture NIPPONのサイトは以下のバナーをクリックしてください。↓