このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の文化・芸術の中の第34回国民文化祭・にいがた2019、第19回全国障害者芸術・文化祭にいがた大会
本文はここから

第34回国民文化祭・にいがた2019、第19回全国障害者芸術・文化祭にいがた大会

2017年06月14日

 平成31年秋に、国内最大の文化の祭典「第34回国民文化祭・にいがた2019、第19回全国障害者芸術・文化祭にいがた大会」が新潟県で初めて開催されます。
 このページでは、概要や進捗状況などを随時更新していきます。

マスコットキャラクター・トッキッキ

国民文化祭、全国障害者芸術・文化祭とは

国民文化祭

 国民文化祭は、国民一般の各種の文化活動を全国的な規模で発表する場を提供すること等により、文化活動への参加の意欲を喚起し、新しい芸能、文化の創造を促し、併せて地方文化の発展に寄与するとともに、国民生活のより一層の充実に資することを目的とした国内最大の文化の祭典です。
 昭和61年の第1回東京大会から毎年国内各地で開催され、新潟県は第34回目となります。

全国障害者芸術・文化祭

 障害者の生活を豊かにするとともに、国民の障害への理解と認識を深め、障害者への自立と社会参加の促進を目的として、平成13年度から毎年開催されています。
 平成27年度の鹿児島県から国民文化祭の開催都道府県と統一され、平成29年度の奈良県からは国民文化祭と一体開催となっています。

キャッチフレーズ「文化ふっとつ新潟!」のロゴマークを募集します! ※募集は終了しました

 第34回国民文化祭にいがた2019、第19回全国障害者芸術・文化祭にいがた大会のキャッチフレーズ「文化ふっとつ新潟!」のロゴマークを募集します。
 応募資格は「30歳以下で、新潟県在住又は通学通勤している方、もしくは新潟県出身者」で、平成29年11月30日(木)まで受け付けております。
 詳しくは、募集ページの応募要項等をご覧ください。

基本構想について

1 基本構想

 8月22日(火)新潟県庁にて、「第34回国民文化祭、第19回全国障害者・芸術文化祭新潟県実行委員会設立総会」が開催され、基本構想が承認されました。
 基本構想は、新潟県開催の基本理念や取組方針、名称、テーマ、キャッチフレーズ、会期等を定めるものです。
基本構想の概要(PDF形式  289 キロバイト)
基本構想(全文)(PDF形式  402 キロバイト)

2 新潟県基本構想策定委員会、検討会議の開催

基本構想の策定にあたり、有識者による策定委員会及び検討会議を開催しました。
(1)策定委員会
  【第1回】平成29年6月14日(水) (基本理念の検討)
  【第2回】平成29年7月26日(水) (基本構想(案)の検討)
(2)検討会議
  【第1回】平成29年6月 7日(水) (キャッチフレーズ、ロゴマーク、事業展開の方向の検討)
  【第2回】平成29年7月27日(木) (キャッチフレーズ、ロゴマーク、事業展開の方向の検討)
策定委員会 委員名簿(PDF形式  43 キロバイト)
検討会議 委員名簿(PDF形式  43 キロバイト)

県実行委員会について

 平成31年秋に新潟県で開催される第34回国民文化祭及び第19回全国障害者芸術・文化祭の準備、運営、実施等に必要な事業を行うことを目的として、平成29年8月22日(火)に「第34回国民文化祭、第19回全国障害者芸術・文化祭新潟県実行委員会」を設立しました。

設立総会

 平成29年8月22日(火)13:10から、新潟県庁西回廊講堂において設立総会が開催され、基本構想や実施体制、会則等について全会一致で了承されました。
次第(PDF形式  52 キロバイト)
第1号議案 実行委員会体制(案)(PDF形式  254 キロバイト)
第2号議案 実行委員会会則(案)(PDF形式  91 キロバイト)
第3号議案 基本構想(案)(PDF形式  453 キロバイト)
第4号議案 平成29年度事業計画(案)、収支予算(案)(PDF形式  100 キロバイト)
県実行委員会第1回総会2
PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする