このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の文化・芸術の中の第34回国民文化祭・にいがた2019、第19回全国障害者芸術・文化祭にいがた大会
本文はここから

第34回国民文化祭・にいがた2019、第19回全国障害者芸術・文化祭にいがた大会

2017年06月14日
 2019年秋に、国内最大の文化の祭典「第34回国民文化祭・にいがた2019、第19回全国障害者芸術・文化祭にいがた大会」が新潟県で初めて開催されます。
 このページでは、概要や進捗状況などを随時更新していきます。

大会概要

国民文化祭、全国障害者芸術・文化祭とは

国民文化祭

 国民文化祭は、国民一般の各種の文化活動を全国的な規模で発表する場を提供すること等により、文化活動への参加の意欲を喚起し、新しい芸能、文化の創造を促し、併せて地方文化の発展に寄与するとともに、国民生活のより一層の充実に資することを目的とした国内最大の文化の祭典です。
 1986年の第1回東京大会から毎年国内各地で開催され、新潟県は第34回目となります。

全国障害者芸術・文化祭

 障害者の生活を豊かにするとともに、国民の障害への理解と認識を深め、障害者への自立と社会参加の促進を目的として、2001年度から毎年開催されています。
 2015年度の鹿児島県から国民文化祭の開催都道府県と統一され、2017年度の奈良県からは国民文化祭と一体開催となっています。

ロゴマーク

文化ふっとつ新潟!ロゴマーク

第34回国民文化祭・にいがた2019、第19回全国障害者芸術・文化祭にいがた大会のキャッチフレーズ「文化ふっとつ新潟!」のロゴマークを募集したところ、応募のあった241作品から、白石卓也さん(デザイナー)の作品をロゴマークとして採用しました。

【ロゴマークデザインの解説】
新潟県のシルエットをしたこのシンボルマークは、
見る方向を変えることにより、
新潟へと文化を運んできた北前船の帆と船体にもなり、
また方向を変えると新潟の象徴的な景観である日本海と夕日にもなります。
新潟や新潟の文化を象徴する要素で構成されたシンボルマークです。

【ロゴマークに使用について】
このロゴマークを使用する場合は、「使用要領」により手続きが必要な場合がありますので、ご確認ください。
また、使用にあたっては「使用マニュアル」の内容を守って使用してください。マニュアルに無い使用をする場合は、事務局までお問い合わせください。

「文化ふっとつ新潟!」ロゴマーク

使用要領(PDF形式  87 キロバイト)
使用申請書(Word形式  28 キロバイト)
使用マニュアル(PDF形式  914 キロバイト)

マスコットキャラクター

新潟県宣伝課長トッキッキ(※左はとっぴー、右はきっぴー)

2009年に新潟県で開催された「トキめき新潟国体・トキめき新潟大会」マスコットキャラクターとして、2005年11月17日に誕生し、2009年10月に「新潟県宣伝課長」に任命された「トッキッキ」が、「第34回国民文化祭・にいがた2019、第19回全国障害者芸術・文化祭にいがた大会」のマスコットキャラクターとして、開催機運を盛り上げていきます。

新潟県宣伝課長「トッキッキ」(※左はとっぴー、右はきっぴー)

基本構想

 2017年8月22日(火)新潟県庁にて、「第34回国民文化祭、第19回全国障害者芸術・文化祭新潟県実行委員会設立総会」が開催され、基本構想が承認されました。
 基本構想は、新潟県開催の基本理念や取組方針、名称、テーマ、キャッチフレーズ、会期等を定めるものです。
基本構想の概要(2017年8月)(PDF形式  289 キロバイト)
基本構想(全文)(2017年8月)(PDF形式  402 キロバイト)
策定委員会 委員名簿(PDF形式  43 キロバイト)
検討会議 委員名簿(PDF形式  43 キロバイト)

実施計画

 2018年8月27日(月)、文化庁において国民文化祭実行委員会が開催され、「第34回国民文化祭・にいがた2019、第19回全国障害者芸術・文化祭にいがた大会 実施計画(案)」が承認されました。
 今後は、承認された実施計画に基づき、事業実施に向けた準備や広報PR等、文化祭開催に向けた取組を更に進めてまいります。
実施計画の概要(PDF形式  478 キロバイト)
実施計画(全文)(PDF形式  2060 キロバイト)

第34回国民文化祭、第19回全国障害者芸術・文化祭新潟県実行委員会

 「第34回国民文化祭・にいがた2019、第19回全国障害者芸術・文化祭にいがた大会」の準備、運営、実施等に必要な事業を行うことを目的として、2017年8月22日(火)に「第34回国民文化祭、第19回全国障害者芸術・文化祭新潟県実行委員会」を設立しました。
PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする