このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の文化・芸術の中の東日本大震災復興支援発掘出土品展と関連講演会を開催します
本文はここから

東日本大震災復興支援発掘出土品展と関連講演会を開催します

2017年07月07日

東日本大震災の復旧・復興事業に伴う埋蔵文化財調査支援の職員派遣とは

 平成23年3月11日午後2時46分に発生したマグニチュード9.0の大地震。地震に加え、津波による甚大な被害は人々の記憶に深く刻まれています。東日本大震災からの6年。被災地の復旧・復興にあたり必要な遺跡の発掘調査のため、特に被害の大きかった三県(岩手県・宮城県・福島県)に全国から埋蔵文化財専門職員が派遣されていることは御存知でしょうか?
 新潟県では平成24から28年度の5年間は宮城県に、平成29年度は福島県に埋蔵文化財専門職員を派遣しています。

山元町山下館跡の堀

山元町山下館跡の堀

東日本大震災復興支援発掘出土品展・関連講演会

 新潟県が派遣した埋蔵文化財専門職員が宮城県で発掘調査した遺跡の出土品を展示し、職員が関連講演会で調査成果と復興への思いを語ります。県外の出土品の展示や調査結果の講演は、滅多にない機会です。是非、会場の新潟県埋蔵文化財センターへお越しください。

◆東日本大震災復興支援発掘出土品展

会   期 平成29年7月14日(金)~9月3日(日) 9:00~17:00(休館日なし)
展示内容 多賀城市山王遺跡(古墳~平安時代)、山元町合戦原遺跡(飛鳥~奈良時代)

◆関連講演会「わたしが掘った宮城県の遺跡」(全2回)

第1回
 【日 時】
 平成29年7月23日(日) 13:30~16:30 (希望者に16:05~16:30まで展示解説を行います)
 【内 容】
 多賀城市山王遺跡(古墳時代の豪族居館、貝塚など) 高橋 保雄
 南三陸町新井新井田館跡(中世の山城) 山﨑 忠良

第2回
 【日 時】
 平成29年8月27日(日) 13:30~16:30 (希望者に16:05~16:30まで展示解説を行います)
 【内 容】
 山元町山下館跡(中世の山城) 石川 智紀
 山元町合戦原遺跡(古墳時代の横穴墓) 飯坂 盛泰

南三陸町新井田館跡上空から志津川湾を望む

南三陸町新井田館跡上空から志津川湾を望む


 【会 場】
 新潟県埋蔵文化財センター
 【参加申込み】
 第1回
  申込み期間:平成29年7月21日(金)まで
  定員:80名(先着順・定員になり次第締め切り)
 第2回
  申込み期間:平成29年8月25日(金)まで
  定員:80名(先着順・定員になり次第締め切り)

 方法:電話、FAX、またはメールでお申し込みください。
   電話:0250-25-3981
   FAX:0250-25-3986
   メール:niigata@maibun.net
 参加費:無料
 交通案内
   車 :磐越自動車道新津ICから約15分、国道403号バイパスから車で約2分
   バス:新津駅東口発 金津行「割町」下車徒歩約5分
       秋葉区バス新津駅西口行 美術館・植物園前下車 徒歩約3分
   電車:【最寄駅】JR古津駅 徒歩約25分

山元町合戦原遺跡から発見された玉類

山元町合戦原遺跡から発見された玉類