このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の文化・芸術の中の佐渡金銀山世界遺産登録推進県民会議の総会を開催しました
本文はここから

佐渡金銀山世界遺産登録推進県民会議の総会を開催しました

2017年05月19日

 平成29年5月13日(土)、ANAクラウンプラザホテル新潟において、佐渡金銀山世界遺産登録推進県民会議の総会を開催しました。
 当日は、定員を上回る326名の方に参加いただき、佐渡金銀山の世界遺産登録に向け大変な盛り上がりを見せました。

 第1部の総会では、世界遺産登録の早期実現に向け本年度の国からの推薦を強く求めるとともに、会員が一致協力して、佐渡金銀山の価値の周知や、将来の世代へ引き継ぐ保全活動に一層取り組むことを宣言する決議が採択されました。

満席となった総会会場

 第2部では、まず会員の活動報告として、新潟商工会議所から各種啓発・PR事業について、ANAクラウンプラザホテル新潟から佐渡産食材を使ったメニューの提供による応援の取組について、それぞれ報告がありました。
 続いて、記念講演として、NPO産業観光学習館専務理事の佐滝剛弘(さたきよしひろ)氏から講演いただきました。
 佐滝氏からは、資産そのものの価値を地元の方が正しく理解し、登録後を見据えた地域のあり方を考えておくことの重要性をお話しいただきました。

共同代表として開会の挨拶を行う米山知事

顧問を代表して挨拶される長島忠美衆議院議員

総会プログラム

<第1部>
(1) 開会あいさつ 共同代表 新潟県知事 米山隆一
(2) 顧問あいさつ 顧問 衆議院議員 長島忠美
(3) 県民会議役員(共同代表、顧問、参与)の紹介
(4) 現状報告   新潟県教育庁文化行政課世界遺産登録推進室
(5) 世界遺産登録に向けた決議

<第2部>
(6) 会員企業・団体の活動報告
   新潟商工会議所
   ANAクラウンプラザホテル新潟
(7) 記念講演
  「日本と世界の産業遺産、その多様性と魅力 ~朱鷺舞う島の世界遺産候補との比較を中心に~」
  講師:佐滝剛弘氏(NPO産業観光学習館 専務理事/高崎経済大学地域科学研究所 特命教授)

(8) 閉会あいさつ 共同代表 佐渡市長 三浦基裕

平成29年度総会プログラム