このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の文化・芸術の中のOne Case Museum -新潟県埋蔵文化財センター出張展示-
本文はここから

One Case Museum -新潟県埋蔵文化財センター出張展示-

2019年01月01日

概要

 展示ケースの中に広がる小さな博物館、『One Case Museum』。新潟県埋蔵文化財センター所蔵品を、県内大学図書館で展示させていただきます。
 図書館を利用する大学生や一般の方々に、いろいろなテーマで展示した本物の出土品から、当県の歴史文化の魅力を感じていただければと思います。

敬和学園大学

新潟県埋蔵文化財センター出張展示「One Case Museum」を敬和学園大学で開催しています。

テーマ 「縄文人のアクセサリー」
会 場 敬和学園大学図書館
会 期 1月11日(金)~2月8日(金)
    ※平日のみ開館。開館日の詳細は、敬和学園大学のホームページでご確認ください。
開館時間 9時から17時30分(ただし、1月18・26日、2月2日は、9時から12時30分)
休館日 1月19・20・27日、2月3日

 

 

新潟大学附属図書館

展示内容

第1回展示「奈良・平安時代の越後国」
第2回展示「古墳時代中期の新潟県」
第3回展示「弥生時代のお墓」

第1回「奈良・平安時代の越後国」

 第1回は奈良・平安時代の新潟県をテーマに、新潟県の遺跡から出土した木簡や漆紙文書に注目してみました。当時の人々の暮らしがうかがえる遺跡からの出土品は、大変見応えのあるものとなっています。
期間:平成30年4月2日(月)~7月末まで

第2回展示「古墳時代中期の新潟県」

 第2回は古墳時代中期の新潟県をテーマにしました。新潟大学が発掘した飯綱山古墳群・牡丹山諏訪神社古墳と、県で調査した余川中道遺跡の遺物を展示しています。また、今回の展示は新潟県埋蔵文化財センター出張展示『One Case Museum』関連講演会と連動した展示となっているので興味のある方は下記のリンクを参照してください。
期間:平成30年8月1日(水)~11月末まで

第3回展示「弥生時代のお墓」

 

 第3回のテーマは弥生時代のお墓です。新潟県阿賀野市の狐塚遺跡のお墓からの出土土器を展示しています。東北の北部・南部・北陸・信濃など様々な地域の土器が見つかっています。
期間:平成30年12月~平成31年3月後半まで

 

施設案内

場   所:新潟大学附属図書館A棟2階受付カウンター脇展示コーナー(五十嵐キャンパス内)
利用時間:授業期間 平日8:00~22:00 土・日・祝日10:00~22:00
       休業期間 平日8:30~20:00 土・日・祝日10:00~17:00

新潟県埋蔵文化財センター出張展示『One Case Museum』関連講演会

関連施設ホームページへのリンク