このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の文化・芸術の中の平成27年度佐渡金銀山世界遺産講座(出雲崎)を開催しました
本文はここから

平成27年度佐渡金銀山世界遺産講座(出雲崎)を開催しました

2015年07月08日
 平成27年6月7日(日)、今年度初となる平成27年度佐渡金銀山世界遺産講座を道の駅越後出雲崎天領の里(出雲崎町)にて開催し、定員を超える115名に御来場いただきました。 また当日は晴天に恵まれ、会場からは海を隔てて対岸の佐渡島がくっきりと見えました。

 最初に、県教育庁文化行政課世界遺産登録室の北村室長が、佐渡金銀山の世界的価値や経緯、今後の世界遺産登録までの流れ等を説明しました。


 続いて、県立新潟中央高等学校教諭の余湖明彦氏から「佐渡金銀山と出雲崎」と題して、佐渡金銀山から産出された金銀の輸送における出雲崎の役割や、佐渡と出雲崎のつながりを分かりやすく御講演いただきました。
 講演後には、多くの質問が寄せられ、会場は大いに盛り上がりました。

 講演後のアンケートでは、参加者から「当町(出雲崎町)に住んでいても知らないことが多く、歴史ある町にますます興味がわいた」、「佐渡と出雲崎の関わりと出雲崎の成り立ちが分かりやすくて良かった」など多数の感想が寄せられました。

 本講座開催にあたり、御協力いただいた皆様、御参加いただきました皆様に感謝申し上げます。

 今後、佐渡金銀山世界遺産講座は、村上市(7/18)、上越市(11月下旬)にて開催予定です。



佐渡金銀山世界遺産講座(出雲崎)配付資料( 7854 キロバイト)
開催案内チラシはこちら(PDF形式  386 キロバイト)
PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする