このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の文化・芸術の中の平成29年度新潟県考古学講演会を開催します。
本文はここから

平成29年度新潟県考古学講演会を開催します。

2017年05月01日
近年の県内で行われた発掘調査結果等からテーマを設定した講演会を開催します。当時の歴史や埋蔵文化財の魅力を知っていただくため、専門家が全国的な視野で地域の歴史を語るほか、地元の埋蔵文化財専門調査員が発掘調査成果を発表します。

参加申し込みについて

・参加料は無料ですが、事前申し込みが必要です。定員になり次第締め切りとさせていただきます。
・申込期間は、第1回・第2回が5月8日(月)~、第3回が9月4日(月)~となります。
・申し込み先は、第1回が見附市みつけ伝承館、第2回は出雲崎町教育委員会教育課、第3回は村上市教育委員会生涯学習課文化行政推進室となります。
・本年もスタンプラリーを実施します(まいぶんちゃんスタンプラリー)。新潟県考古学講演会3回と新潟県埋蔵文化財センターで実施する講演会(13回)を含め、16回の講演会のうち8回参加された方に粗品を差し上げます。
・当講演会は「いきいき県民カレッジ」の登録講座となっています。

第1回「県史跡耳取遺跡を中心とした県央の縄文時代最後のムラ」※参加申込みは5月8日(月)~

【日時】
平成29年6月3日(土) 10:30~15:35
【会場】
見附市文化ホール アルカディア(見附市昭和町2丁目1-1)
【内容】
講演「縄文時代終わり頃のムラ-全国屈指の耳取遺跡-」石川 日出志氏(明治大学)、報告「三条市の縄文時代晩期の集落」勝山 百合氏(三条市市民部生涯学習課)、報告「長岡市の縄文時代晩期の集落」小熊 博史氏(長岡市教育委員会)、報告「見附市耳取遺跡の縄文時代晩期の集落」今井 秀樹氏(見附市教育委員会)
【概要】
 国史跡耳取遺跡は、平成28年度の調査で晩期後半を主体として大規模なムラが存在することが明らかとなった。未だ謎の多い縄文時代晩期後半の集落であるが、耳取遺跡の調査成果をきっかけとして、縄文時代最後のムラについて各市の埋蔵文化財担当者が報告し、巨視的な視野での当該期集落の特徴について外部講師が講演する。
【参加申込み】
申込み期間:平成29年5月8日(月)~6月2日(金)
定員:250名(先着順・定員になり次第締め切り)
方法:見附市みつけ伝承館に電話、FAX、またはメールでお申し込みください。
    電話:0258-63-5557
    FAX:0258-62-2343
    メール:minzoku@city.mitsuke.niigata.jp
参加費:無料
交通案内:JR見附駅から徒歩約20分
     北陸自動車道中之島・見附ICから約10分

国史跡耳取遺跡出土翡翠製大珠

国史跡耳取遺跡出土翡翠製大珠

第2回「日本海域の海揚がりの土器・陶磁器」※参加申込みは5月8日(月)~

【日時】
平成29年6月25日(日) 10:30~15:35
【会場】
出雲崎町中央公民館(出雲崎町大字米田281-1)
【内容】
講演「海揚がりの土器・陶磁器から見た日本海域の流通」寺﨑 裕助氏(新潟県考古学会)、報告「新潟市の海揚がり」渡邊 ますみ氏(新潟市教育委員会)、報告「長岡市の海揚がり」加藤 由美子氏(長岡市教育委員会)、報告「出雲崎町の海揚がり」小林ひろ子氏(出雲崎町教育委員会)
【概要】
 文献などで日本海を舞台とした海路により物資の流通は数多く記載されているが、実際に漁業関係者による底引き網漁でも土器や陶磁器の引き揚げ例が多い(通称「海揚がり」)。近年、集成が行われ、全国的にも注目を集めている当県の海揚がり品について、各市の埋蔵文化財担当者が報告し、巨視的な視野での日本海域の流通について、外部講師が講演する。
【参加申込み】
申込み期間:平成29年5月8日(月)~6月20日(火)
定員:150名(先着順・定員になり次第締め切り)
方法:出雲崎町教育委員会教育課に電話、FAX、またはメールでお申し込みください。
   電話:0258-78-2250
   FAX:0258-78-4559
   メール:syakyou-k@town.izumozaki.niigata.jp

参加費:無料
交通案内:JR出雲崎駅から徒歩約15分、タクシー約5分、バス約5分

出雲崎沖海揚がり珠洲焼

出雲崎沖海揚がり珠洲焼

第3回「国史跡平林城跡・村上城跡を中心とした県北の中近世城館」※参加申込みは9月4日(月)~

【日時】
平成29年10月22日(日) 11:00~15:35
【会場】
村上市教育情報センター(村上市田端町4-25)
【内容】
講演「色部館の武家儀礼-石瀬青龍寺から届く正月吉書-」伊藤 正義氏(鶴見大学)、報告「村上市の中世城館について」吉井 雅勇氏(村上市教育委員会)、報告「国史跡村上城跡について」塩原 知人氏(村上市教育委員会)
【概要】
国史跡平林城跡、県史跡馬場館跡・大葉沢城跡、国史跡村上城跡など、県北部に位置する村上市では中世~近世の国県の歴史を語る上で貴重な城館が多数存在している。各城館の特徴について各市の埋蔵文化財担当者が報告し、巨視的な視野での当該期の生産・流通・集落について、外部講師が講演する。
【参加申込み】
申込み期間:平成29年9月4日(月)~10月20日(金)
定員:202名(先着順・定員になり次第締め切り)
方法:村上市教育委員会生涯学習課文化行政推進室に電話、FAX、またはメールでお申し込みください。
   電話:0254-53-7511
   FAX:0254-52-4133
   メール:bunka-m@city.murakami.lg.jp

参加費:無料
交通案内:JR村上駅から徒歩10分
     日本海東北自動車道 村上瀬波温泉ICから約10分

村上城跡空撮

村上城跡空撮


平成29年度新潟県考古学講演会チラシ表面(PDF形式  2046 キロバイト)
平成29年度新潟県考古学講演会チラシ裏面(PDF形式  775 キロバイト)
PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする