このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の佐渡金銀山の世界遺産登録に向けて / Sado Gold and Silver Mine, Toward World Heritage
本文はここから

佐渡金銀山の世界遺産登録に向けて / Sado Gold and Silver Mine, Toward World Heritage



新着情報

注目情報

展示・刊行物情報

佐渡金銀山の価値

世界遺産とは

 自然と人類によって生み出され、過去から現在へと引き継がれてきた、人類共通のかけがえのない宝物です。戦争、自然災害、環境汚染などにより危機にさらされているものも含まれ、国際協力を通じた保護の下に国境を越えて世界の全ての人々が次世代に残していくべきものです。
 世界遺産には、「文化遺産」、「自然遺産」、それら両方の価値を兼ね備えている「複合遺産」があり、2016年7月現在、1,052件が登録されています。

世界文化遺産を目指す「金を中心とする佐渡鉱山の遺産群」について

 機械化以前から現代までの多様な金生産技術と、それに適応した社会組織を示す物証(遺跡や建造物など)が一つの島の中にまとまって残されています。
 このような長期にわたる金生産の展開に関わった技術と人の歴史を示す鉱山は、東アジアでは類例がなく、世界的にも稀有なものであり、世界遺産として十分な価値を持っていると考えています
県民会議ホームページへ移動します
県民会議会員募集中!入会申込みはこちらから