このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の防災の中の新潟焼山想定火口内の立入規制を行います
本文はここから

新潟焼山想定火口内の立入規制を行います

2016年03月02日
 新潟焼山では、昨年(2015年)夏頃から噴煙がやや高く上がる傾向が認められ、12月下旬からは噴煙量も多くなっています。
 こうした現状を踏まえ、糸魚川市役所において、地元自治体の首長の協議が行われ、入山者の安全を確保するために、新潟焼山の想定火口内の立入規制を行うことになりました。

 ※噴火していないときに、火口や噴気口から出ている白色の雲状のもの(主に水蒸気からなる)も噴煙と言います。

1 規制開始日

平成28年3月2日(水曜日)

2 規制範囲

新潟焼山の想定火口内(山頂から半径1㎞以内)
【図の赤い円の内側が規制範囲となります。】
規制範囲図
規制範囲図
山頂付近拡大図
山頂付近拡大図

3 その他

想定火口内は、災害対策基本法第六十三条第一項の規定に基づく警戒区域となります。

本件ついての問い合わせ

○糸魚川市内の規制に関すること
 糸魚川市消防本部防災室 室長 小竹(直通)025-552-2311
○妙高市内の規制に関すること
 妙高市総務課危機管理室 室長 金子(直通)0255-74-0002
○小谷村内の規制に関すること
 長野県小谷村総務課   課長 柴田(直通)0261-82-2024
○新潟焼山火山防災協議会に関すること
 新潟県防災局防災企画課防災企画班 吉田(尚)(直通)025-282-1605

報道資料

報道資料(PDF形式  97 キロバイト)
PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする