このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の防災の中の新潟県中越沖地震検証報告書
本文はここから

新潟県中越沖地震検証報告書

2009年11月24日
 平成19年7月16日に発生した中越沖地震に対する本県の災害対応について、新潟大学災害復興科学センターによる検証報告書を掲載しています。

1 検証の特徴

 ・ 研究者による客観的・専門的な視点からの検証
 ・ 実務担当者へのインタビューを中心とした実証的な検証

2 検証結果の概要

(1) 評価すべき点
 ① 多様な主体の専門性等を活用した災害対応(GISの活用等)
 ② 過去の被災経験に基づく迅速な被災者支援(福祉避難所の設置等)
 ③ 機能的な災害対策本部組織による災害対応(部局横断型組織による対応等)
(2) 見直し改善を要する点
 ① 関係機関の効果的な活動を支援する仕組みの構築
  ・ 他県・各種団体からの受援体制の充実、平時からの連携の強化
 ② 災害対応力の強化に向けた「日頃からの備え」
 ・ 洋式トイレの不足等、避難環境の改善に向けた更なる取組
 ③ 災害対策本部内での情報共有・業務手法の確立
  ・ 円滑な情報共有、各班の業務マニュアル等の整備
表紙(表・裏)(PDF形式  476 キロバイト)
目次(PDF形式  154 キロバイト)
はじめに(PDF形式  245 キロバイト)
本編(PDF形式  6345 キロバイト)
編集後記(PDF形式  193 キロバイト)
奥付(PDF形式  92 キロバイト)

(参考)検証結果を踏まえた主な取組

 検証の取りまとめと平行して、上記2(2)①~③のそれぞれに対応して、次の取組を行っている。
① 関係機関の効果的な活動を支援する仕組みの構築
・ 他県との応援協定の運用ルールを策定済み(自主出動、被災県の対応等)
・ 災害時医療救護活動マニュアルを見直し済み(DMAT受入れ等)
② 災害対応力の強化に向けた「日頃からの備え」
・ 「災害時要援護者用備蓄検討のポイント」を作成・周知済み
・ 食料等の備蓄について市町村へ要請済み
・ 仮設トイレ設置後のアフターケアについて引き続き検討
③ 災害対策本部内での情報共有・業務手法の確立
・ 危機管理センターを整備済み
・ 災害対策本部各班の業務マニュアル等を引き続き見直し
PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする