このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の防災の中の平成19年新潟県中越沖地震におけるGISを利用した地図作成について
本文はここから

平成19年新潟県中越沖地震におけるGISを利用した地図作成について

2007年08月27日

新潟県中越沖地震災害対応支援GISチームによる『地図作成班(EMC)』の立ち上げ

 
    ※「平成19年新潟県中越沖地震復旧・復興GISプロジェクト」は新潟県中越沖地震により被災した地域の効率的な災害対応を実現し、
     早期の復旧・復興に資するため、産学からなる新潟県中越沖地震災害対応支援GISチームと国土交通省、新潟県により構成。
 

地図作成班(EMS)の活動状況の一例

水道の復旧状況地図
※左の地図のアニメーションを再度見る場合はブラウザの更新ボタンを押してください。

※地図作成班(ECM)のPDF文書はこちらから
● 地図作成班(ECM)の概要 (PDF形式  3403 キロバイト)
● 災害状況図 (PDF形式  119 キロバイト)
● 通水復旧状況図 (PDF形式  4433 キロバイト)
● 避難者及び通水エリア図 (PDF形式  412 キロバイト)
● 仮設住宅位置図 (PDF形式  24 キロバイト)
● 公共下水道通水支障箇所/農業排水等図 (PDF形式  23 キロバイト)

関連リンク(平成19年新潟県中越沖地震復旧・復興プロジェクトメンバー)

PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする