このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の文化・芸術の中の【万代島美術館】企画展「ジブリの動画家 近藤勝也展」を開催します
本文はここから

【万代島美術館】企画展「ジブリの動画家 近藤勝也展」を開催します

2018年06月22日

スタジオジブリ作品の輝きを支える動画家によるアニメーション原画等、約500点を紹介!

「魔女の宅急便」イメージボード (C)1989 角野栄子・Studio Ghibli・N

展覧会の概要

宮崎駿監督も絶大な信頼を置く圧倒的な画力、魅力的な表情、生き生きとしたキャラクターたちの動き。スタジオジブリ作品の輝きを支える動画家の一人、近藤勝也氏(1963年愛媛県新居浜市生まれ)を取り上げた本展では、氏の描いたアニメーション原画やキャラクターデザインの仕事を中心に、多彩な作品約500点を紹介します。「魔女の宅急便」「海がきこえる」「崖の上のポニョ」をはじめ、「山賊の娘ローニャ」や広告用イラスト等、描くことが大好きだった少年がアニメーターとなって飛躍し、活動の幅を広げる様子をご覧ください。

基本情報

■会期: 平成30年7月7日(土)~平成30年9月24日(月・休)

■休館日:7月9日(月)、7月23日(月)、8月6日(月)、8月20日(月)、9月3日(月)

■開館時間: 10時~18時 ※観覧券の販売は17時30分まで

■観覧料: 一般1,200円(1,000円)、大高生1,000円(800円)
       ※( )内は有料20名様以上の団体料金。
       ※中学生以下は無料
       ※障害者手帳・療育手帳をお持ちの方は無料。受付で手帳をご提示ください。

■主催: 新潟県立万代島美術館、TeNYテレビ新潟、近藤勝也展新潟展実行委員会

■協力: スタジオジブリ、三鷹の森ジブリ美術館、ニュートラルコーポレーション

■後援: 新潟市、新潟市教育委員会、新潟県小学校長会、新潟県中学校長会、新潟県特別支援学校長会、
      新潟県高等学校長協会、新潟日報社、朝日新聞新潟総局、毎日新聞新潟支局、
      読売新聞新潟支局、 産経新聞新潟支局、日本経済新聞社新潟支局、NCV新潟センター、
      エフエムラジオ新潟、FM PORT 79.0、FM KENTO、ラジオチャット・エフエム新津、
      エフエム角田山ぽかぽかラジオ、エフエムしばた、燕三条エフエム放送株式会社

会期中のイベント

■ギャラリートーク+サイン会
日時:7月7日(土) 14:00~
会場:万代島美術館展示室
出演:近藤勝也氏(聞き手 TeNYアナウンサー)
※要観覧券・申込不要(サイン会は別途整理券)
 
■ギャラリートーク
日時:8月5日(日) 14:00~
会場:万代島美術館展示室
出演:田中千義氏(スタジオジブリ会長室イベントプロデューサー)、
西岡純一氏(スタジオジブリ広報部部長)
※要観覧券・申込不要
 
■アニメーター体験講座
日時:7月29日(日) 10:00~16:00
会場:万代島美術館ロビー
協力:JAM日本アニメ・マンガ専門学校
※参加無料・申込不要

■ミュージアム・コンサート
日時:9月1日(土) 11:00~11:30
会場:万代島美術館ロビー
出演:新潟市ジュニア合唱団
※参加無料・申込不要
展覧会の詳細については美術館ホームページをご覧ください。