このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の自然・環境の中の愛鳥ブログ 職員が日々の情報をお知らせします
本文はここから

愛鳥ブログ 職員が日々の情報をお知らせします

2019年03月29日

2019年3月29日

今日は朝からセンター周辺がにぎやかでした。「ヒッ ヒッ」と聞こえる場所を探すと、いました。今日はジョウビタキのオスです。体下面がきれいなオレンジ色で頭はシルバーです。ジョウビタキの「ジョウ」は銀髪を意味するようですが、まるでシルバーのヘルメットを被っているようです。
また、下の写真はベニマシコのメスです。オスは体下面が淡い赤色できれいですが、メスは顔がオスよりも可愛らしいです。
どちらも冬鳥なので、センター周辺で観察されるのもあと少しでしょうね。
(A)

ジョウビタキ(オス)です。

ベニマシコ(メス)です。

2019年3月28日

最近、周辺では「ヒッ、ヒッ」という声が響きわたっています。
ジョウビタキがやって来ました。
冬鳥として日本にやって来るジョウビタキですが、
県内では春と秋の移動の時期に、公園や庭で見られることが多いです。
最近は日本での繁殖も確認されていますが、
多くはこの後、中国やロシアの繁殖地へ向かいます。
その距離は約2千キロだそうです。
キレイなだけでなく、たくましいですね。
無事な旅を祈りたいと思います!
(T)

ジョウビタキ(メス)です


2019年3月23日

暖かくなったと思ったら、また雪がちらついたり、
まだまだ落ち着かないお天気ですね。
今週はアトリやシメの群れが見られました。
一年中いるエナガも活発なこの頃です。
枝に逆さまにぶら下がったり、ゆらゆら揺れる枝先に止まったり、
身軽さを見せつけられています。
(T)

以下、3/11~20に愛鳥センター周辺で確認された野鳥です。
キジ、マガモ、トビ、オオタカ、コゲラ、アカゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、ミソサザイ、ムクドリ、ツグミ、スズメ、アトリ、カワラヒワ、シメ、ホオジロ、カシラダカ

曲芸技のエナガ


2019年3月15日

本日は昨日とは打って変わって良いお天気です。
鳥たちも動きが活発なようです。
朝は、愛鳥センターの前でシメが群れているのを職員が見つけました。
エゴノキの実を食べていたようです。
シメのくちばしは、冬はピンク色で、夏は鉛色です。
今はまだ、ピンク色気味かな?
(T)

シメが群れていました


2019年3月14日

本日は久々に寒いです。
朝は雪もちらつき、また冬に逆戻りしてしまいました。
最近元気にさえずっていたホオジロはおとなしく、
スズメも「こんなはずでは・・・」といった感じで、
テンションが低めです。
まだまだ季節の変わり目ですね。
(T)

空を見上げるスズメ


2019年3月12日

探鳥路では最近、ペチャクチャおしゃべりするような鳴き声が聞こえてきます。
カシラダカの“ぐぜり”(さえずりの練習のようなもの)です。
冬鳥のカシラダカはもうすぐ北へ旅立ってしまいます。
待ちきれないかのような鳴き声は、聞いていて楽しくなってきます。
(T)

以下、3/1~10に愛鳥センター周辺で確認された野鳥です。
キジ、キジバト、アオサギ、トビ、オオタカ、コゲラ、アオゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、キクイタダキ、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、エナガ、メジロ、ミソサザイ、ムクドリ、シロハラ、ツグミ、スズメ、カワラヒワ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ

カシラダカおしゃべりしています


2019年3月6日

カワラヒワやホオジロがさえずり始めた今日この頃ですが、
冬鳥もまだまだ見られます。
愛鳥センター周辺のマツ林ではキクイタダキが元気です。
体重が5g程度と相当身軽なので、フットワークが軽く、
一時もじっとしていません。
かわいく写真に撮るのは至難の業ですね。
(T)

以下、2/21~28に愛鳥センター周辺で確認された野鳥です。
キジ、コハクチョウ、アオサギ、ダイサギ、コゲラ、アカゲラ、アオゲラ、オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、エナガ、メジロ、ミソサザイ、ムクドリ、シロハラ、ツグミ、スズメ、ビンズイ、カワラヒワ、シメ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ

身軽なキクイタダキ


2019年2月28日

今朝、公園内の林では、ビンズイが6羽ほど木に止まって羽繕いをしていました。
立ち止まって観察していると、近くから「ピーツピ」という声が。
シジュウカラだな、と思いながら引き続きビンズイを見ていると、
さらに「ピーツピ、ピーツピ」と切羽詰まった感じで声高に鳴きながら、
シジュウカラが近寄ってきました。
どうやら警戒されているようです。
立ち止まっていた近くに、巣作りを始めようとしている場所があるのかも。
ビンズイに後ろ髪を引かれつつ、鳴き声に追い立てられながらその場を離れたのでした。
(T)

シジュウカラに怒られました


愛鳥ブログ 2018年12月21日~2019年2月22日