このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の自然・環境の中の愛鳥ブログ 職員が日々の情報をお知らせします
本文はここから

愛鳥ブログ 職員が日々の情報をお知らせします

2019年01月12日

2019年1月12日

「ガガン、ガガン、ガガン」。
公園の上空から鳴き声が聞こえてくるので見上げると、
一列に並んだオオヒシクイの群れが通り過ぎていきました。
北へ向かっています。
もう帰っちゃうのでしょうか。
まだ居てくれてもいいんですけどね。
(T)

以下、1/1~10に愛鳥センター周辺で確認された野鳥です。
キジ、マガモ、アオサギ、ダイサギ、コゲラ、アオゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、エナガ、メジロ、ミソサザイ、ツグミ、スズメ

オオヒシクイの編隊


2019年1月9日

雪が降った後、冬の池の見どころの一つとなっている、カモ類による水面の模様です。
日中姿は見せず、何ガモが泳いだ跡か正解はわからないことも多いですが、
今年は、よく来ているこの2羽によるものが多いと思います。
池の底の水草でしょうか、一生懸命何か食べながら進んでいきます。
食事に夢中のこの2羽はマガモです!
前方が地味なメスで後方が頭が緑色のオスです。
オスの頭の緑のように分かりやすい特徴が見えないと、
他の部分をよく観察できて面白いですね。
マガモ以外のカモが来ることもあるので要チェックです。
(O)

池に模様を作ったのは誰?


サザンカのみつを吸いに来たメジロ

2019年1月5日

新年になりました。
今年も愛鳥センターをよろしくお願いいたします。
飼育舎前にはサザンカの木が植わっていますが、
時々メジロやヒヨドリが、花のみつを吸いにやってきます。
雄しべや雌しべの付け根にあるサザンカのみつは、香り豊かで甘いそうです。
今度舐めてみようかと思います。
(T)

以下、12/21~31に愛鳥センター周辺で確認された野鳥です。
キジ、ヒシクイ、マガモ、キジバト、アオサギ、ダイサギ、トビ、コゲラ、アカゲラ、アオゲラ、オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、エナガ、メジロ、ミソサザイ、スズメ、カワラヒワ、ベニマシコ、シメ、カシラダカ

サザンカのみつを吸いに来たメジロ


2018年12月28日

寒波がやってきましたね。
雪が降ったりやんだりで、少しずつ積もり始めてきました。
愛鳥センターは12/29(土)~1/3(木)まで休館となります。
(傷病鳥獣の受け入れは年中無休で行っています。)
今年、愛鳥センターにお越しいただいた皆さま、
探鳥会やイベントにご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。
2019年もまた、よろしくお願いいたします。
(T)

池の周りにも少し雪が


2018年12月26日

愛鳥センター入口近くの木の上に、黒い塊がありました。
よく見ると、鳥の巣でした。
巣材や大きさからするとホオジロの巣でしょうか?
ビニールのひもも巣材として使われているようです。
葉っぱが落ちた今の時期だからこそ見つけられましたが、
こんなところで子育てをしていたとは・・・。
さっぱり気づきませんでした。
上手に隠れて、ヒナを育てていたんですね。
(T)

鳥の巣がありました


2018年12月21日

今日の探鳥路はキツツキ天国でした。
こっちにはアオゲラのオスとメス、そっちにはアカゲラのオスとメス、
奥にはコゲラ2羽が、せっせと木を突いていました。
つかず、離れず、それぞれ婚活でしょうか。
公園内では、ベニマシコも見られます。
(T)

以下、12/11~20に愛鳥センター周辺で確認された野鳥です。
キジ、マガモ、アオサギ、ダイサギ、ノスリ、コゲラ、アカゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、エナガ、メジロ、ミソサザイ、シロハラ、スズメ、ハクセキレイ、アトリ、ベニマシコ、シメ、ホオジロ、カシラダカ

久々のアオゲラ


愛鳥ブログ 2018年10月23日~2018年12月18日