このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の自然・環境の中の平成30年度探鳥会結果2
本文はここから

平成30年度探鳥会結果2

2019年02月10日

平成31年2月10日(日) 海鳥を見る会 9:00~11:15
1.天気:曇り時々雪
2.場所:網代浜漁港~東港
3.参加者:24名+講師1名
4.観察種:ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、トモエガモ、コガモ、ホシハジロ、スズガモ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、ウミウ、ウミネコ、カモメ、セグロカモメ、オオセグロカモメ、トビ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ツグミ、イソヒヨドリ、ハクセキレイ 以上22種

海上にはカモが何種類かいました

5.コメント:時々晴れ間もありましたが、雪が舞い寒風吹きすさぶ中の探鳥会となりました。網代浜漁港では、たくさんのヒドリガモが食事中でした。スズガモやコガモも混じり、よく探すと美しいヨシガモのオスも1羽見ることができました。ウミネコやセグロカモメが風に乗ってエサを探しているのを見ながら東港のほうへ進むと、カモの群れの中にトモエガモのオスが1羽混じっていました。途中の工事現場を通り過ぎ、さらに奥へ向かうと、マガモの群れやカンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、イソヒヨドリのメス2羽などを見ることができました。鳥合わせ後に、講師より美しい写真とともに冬の海鳥について解説いただき、締めくくりとなりました。(高澤)

最後はおまけつき


平成30年12月9日(日) 五十公野公園探鳥会 9:00~10:40
1.天気:くもり時々雪
2.場所:五十公野公園
3.参加者:21名+講師1名
4.観察種:オカヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ミコアイサ、カイツブリ、カワウ、トビ、オオタカ、ハシブトガラス、キクイタダキ、ヤマガラ、シジュウカラ、セグロセキレイ、アトリ、カシラダカ、ミヤマホオジロ、アオジ 以上24種

升潟にはカモがたくさん

5.コメント:観察会開始前から頭上を200羽前後のアトリの群れが飛び回り、升潟ではたくさんのマガモやオナガガモに混じって、早速ミコアイサが見られました。コガモの亜種アメリカコガモも2羽確認できました。升潟沿いを歩いていくと、突然カモたちが騒ぎ始めました。オオタカ登場です。若鳥で、狩りのタイミングが難しいのか、しばらくすると去って行きました。その後もまた登場しましたが、いまいち踏ん切れない様子。途中シジュウカラやキクイタダキにも出会うことができました。時折降る雪や風に負けずに歩いていくと、「チッ、チッ」という鳴き声がしてきて、ミヤマホオジロやカシラダカを見ることができました。水辺の鳥、林の鳥の両方が確認できた探鳥会となりました。(高澤)

一番多いのはマガモかな


平成30年12月2日(日)鳥屋野潟市民探鳥会 8:00~9:45
(主催:新潟市、共催:にいがた野鳥の会・日本野鳥の会新潟県・愛鳥センター)
1.天気:晴れ
2.場所:鳥屋野潟公園
3.参加者:89名
4.観察種:キジ、コハクチョウ、オオハクチョウ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、トモエガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ミコアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、クイナ、オオバン、トビ、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ミソサザイ、ムクドリ、シロハラ、ツグミ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、ベニマシコ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ、クロジ、オオジュリン 以上47種

サービスが良いモズ

5.コメント:朝から良いお天気で、開始前から次々に飛び立っていくコハクチョウの群れが青空に映えてきれいでした。湖面にはコハクチョウやマガモに混じり、ミコアイサが5羽ほど見られました。カンムリカイツブリも数羽いて、ハジロカイツブリが潜ったり出たりする姿も観察できました。手前のヨシ原ではカシラダカやオオジュリン、ミソサザイなどが確認でき、途中勢いよく鳴きながら飛び出してきたキジにはびっくり。近くの枯れ木に止まったモズはサービスが良く、しばらくポーズをとっていてくれました。奥へ進むとチュウサギやオカヨシガモなども見ることができ、多くの種類を確認できた観察会となりました。(高澤)

みんなで潟を眺めます