このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の自然・環境の中の平成31年度愛鳥週間用ポスター原画コンクール新潟県大会を開催しました
本文はここから

平成31年度愛鳥週間用ポスター原画コンクール新潟県大会を開催しました

2018年09月26日

たくさんのご応募をいただきありがとうございました

 平成31年度愛鳥週間用ポスター原画を県内の愛鳥モデル校の児童生徒から募集し、その制作過程を通じて教育現場における野生鳥獣保護思想の高揚を図ると共に、作品の展示を通じて県民への普及啓発に努めることを目的に開催しました。
 今年度は小学校から287点(12校)、中学校から14点(1校)合計301点の応募がありました。たくさんのご応募をいただきありがとうございました。

 主催:新潟県
 後援:新潟県教育委員会、新潟県野鳥愛護会、日本野鳥の会新潟県
 期日:平成30年9月12日(水)
 会場:新潟県愛鳥センター紫雲寺さえずりの里

小学生の部 

金賞 南魚沼市立第二上田小5年 貝瀬 蓮

《講評》
・色彩を再現し、2羽の鳥の大きさを変えることで遠近感があり、親鳥が世話をしているようすが実に上手く表現されています。背景を明るく、「愛鳥週間」の文字の色を控え目にすることで鳥が主張されています。   
   

小学生の部 銀賞

銀賞 南魚沼市立第二上田小5年 山田陽愛

《講評》
・ほのぼのとした優しい雰囲気が伝わってくる作品です。全体をやわらかい色合いにしており、三原色をうまく使っています。また鳥の行動をよく捉えており、鳥への愛情も伝わってきます。愛鳥週間の文字の配置も良く、赤色の文字が真ん中の優しい絵を際立たせています。

銀賞 上越市立明治小6年 松縄ひなた

《講評》
・背景の濃紺の色合いが活きており、貼り絵の発色が効果的で、シンプルでシャープな作品となっています。羽色のグラデーションも良く、鳥の配置やデザインも上手です。くちばしと足をもう少し観察して描くとさらに良い作品になります。

中学生の部

◎ 金賞 該当者なし
◎ 銀賞 該当者なし

結果一覧

小学校の部 中学校の部
金賞 南魚沼市立第二上田小5年 貝瀬 蓮 該当者なし
銀賞 南魚沼市立第二上田小5年 山田 陽愛
上越市立明治小6年 松縄 ひなた
該当者なし
銅賞 新発田市立藤塚小3年 佐久間 結依
燕市立分水北小5年 平松 歩
上越市立明治小6年 大瀧 希実
上越市立中郷中1年 内山 慧泉
佳作 胎内市立中条小5年 池田 栞
胎内市立中条小5年 井上 遥登
胎内市立中条小5年 大滝 彩吹
新発田市立藤塚小4年 本間 愉己
新発田市立藤塚小3年 柏木 敬翔
新発田市立藤塚小3年 渡邊 美羽
南魚沼市立第二上田小5年 長田 奏
南魚沼市立第二上田小4年 岡﨑 來
津南町立芦ヶ崎小5年 涌井 永太
上越市立明治小6年 内山 志穂
上越市立明治小6年 藤澤 由姫
上越市立明治小5年 吉村 優花
上越市立明治小4年 上野 もゆか
上越市立明治小4年 栗林 佑衣
上越市立山部小6年 宮越 由依
上越市立山部小5年 古海 悠真
新潟市立紫竹山小3年 齊藤 鈴望
新潟市立紫竹山小2年 滝澤 涼
上越市立中郷中1年 猪口 七海
上越市立中郷中1年 荻谷 旭
上越市立中郷中1年 東條 樹
上越市立中郷中1年 陸川 恵麻
●全体の講評は以下のとおりでした。
 鳥への思いや愛情を感じる作品が多かったです。描くテーマや鳥の種類も多くなり、いろいろな方向を見ているところが良かったです。色の塗り方、構図の取り方も上手くなってきています。
 特に、小学校低学年の観察力が向上しており、しっかり上手に描いている作品が多かったのが非常に素晴らしかったです。
 描き進めていく途中で雑になっている絵もあり、最後まであきらめずに丁寧に描き続けると、もっと良い作品になるものも多く見られました。
 中学生の応募が少なかったのは残念です。


 なお、県大会の入選作品については、平成30年9月29日から10月28日まで、また、平成31年度の愛鳥週間に合わせて当センター2階ロビーにて展示する予定です。また、入賞作品のうち、金賞・銀賞の作品は全国大会に応募し、そこで最優秀作品に選ばれると平成31年度愛鳥週間用ポスターとして印刷され、全国に配布されます。当センターとしても上位入賞を期待しています。