このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の自然・環境の中の平成30年度「マツムシの声を楽しむ会」を開催しました
本文はここから

平成30年度「マツムシの声を楽しむ会」を開催しました

2018年09月02日

平成30年9月1日(土) マツムシの声を楽しむ会 18:00~20:00
(紫雲寺記念公園プロモーションパートナー・胎内昆虫の家共催)
1.天気:曇り一時雨
2.場所:新潟県立紫雲寺記念公園
3.講師:「胎内昆虫の家」 遠藤正浩 氏
4.参加者:13名
ハヤシノウマオイ、ハタケノウマオイ、オオクサキリ、ヤブキリ、キリギリス、セスジツユムシ、エンマコオロギ、ツヅレサセコオロギ、ハラオカメコオロギ、アオマツムシ、マツムシ、スズムシ、カンタン、ヒゲシロスズ、カネタタキ 以上15種

いろいろな虫の声が聞こえてきました

5.コメント
愛鳥センターの駐車場付近では、早速コオロギの仲間やカンタンの声が聞こえてきました。何種類か混じっていると、聞き分けるのがなかなか難しいです!お馴染みスズムシの声も聞こえてきました。途中で少し雨が降ってきましたが、道路を横断した草地に向かうと、本命のマツムシの声がたくさん聞こえてきました。だんだん暗くなるにつれ、虫の声も大きくなり、私たちの耳も慣れて少し聞き分けられるようになってきました。道路沿いでは、キリギリスの姿も見ることができました。レクチャールームへ戻り本日のまとめをした後、標本で虫の姿を確認し、秋の気配を感じる充実した観察会となりました。(高澤)

標本で虫の姿を確認しました