このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の自然・環境の中の平成30年度探鳥会結果
本文はここから

平成30年度探鳥会結果

2018年06月10日

平成30年6月10日(日) 三光鳥を聞く会 6:30~9:00
1.天気:晴れ
2.場所:剣龍峡
3.参加者:43名+講師1名
4.観察種:キジ、キジバト、ホトトギス、ツツドリ、トビ、サシバ、アカショウビン、コゲラ、ハヤブサ、サンショウクイ、サンコウチョウ、カケス、ハシブトガラス、ヤマガラ、ヒガラ、シジュウカラ、イワツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、ヤブサメ、メジロ、ミソサザイ、トラツグミ、クロツグミ、キビタキ、オオルリ、イカル、ホオジロ 以上28種

杉林でキビタキ見つけました!

5.コメント:2班に分かれ、まず杉林の中を進んでいきました。目的のサンコウチョウはなかなか鳴いてくれませんでしたが、美しいキビタキのオスが現れてくれました。アスファルトの林道に出たところでは、ミソサザイが元気にさえずり、近くからはサンコウチョウの「ホイ、ホイ、ホイ♪」の鳴き声が!2羽はいるようです。姿を見られた人もいましたが、しっかり目にするにはやはりなかなか難しい鳥です。その後、ホトトギスがよく鳴き、頭上をサシバが通り過ぎていくところが見られました。ウリノキやノアザミの花を見ながら戻る途中では、トラツグミやアカショウビンなども確認することができました。(高澤)

ウリノキ見頃でした


平成30年5月27日(日) 紫雲寺記念公園探鳥会 8:30~10:00
(紫雲寺記念公園プロモーションパートナー共催)
1.天気:晴れ
2.場所:愛鳥センター周辺
3.参加者:14名
4.観察種:キジ、キジバト、アオサギ、カッコウ、トビ、コゲラ、オナガ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、キビタキ、スズメ、カワラヒワ、ホオジロ 以上17種

スズメの巣箱を観察中

5.コメント:最初にレクチャールームで、周辺で見られる野鳥の予習をしたあと、外に出掛けました。近くの畑では、電線に止まってさえずるホオジロの姿をみんなでじっくり観察することができました。その他にカワラヒワが数羽飛び、メジロも賑やかにさえずっていました。奥のほうからはキジやカッコウの鳴き声が。林では、姿はなかなか見られませんでしたがシジュウカラの鳴き声を何回か聞くことができました。(高澤)

畑では数種類見ることができました


平成30年5月13日(日) 愛鳥週間探鳥会 6:30~9:10
1.天気:くもり
2.場所:大峰山
3.参加者:38名+講師1名
4.観察種:キジ、カルガモ、キジバト、アオサギ、ツツドリ、アマツバメ、ハチクマ、トビ、オオタカ、サシバ、カワセミ、コゲラ、サンショウクイ、サンコウチョウ、モズ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、ヤブサメ、エゾムシクイ、センダイムシクイ、メジロ、ミソサザイ、クロツグミ、コサメビタキ、キビタキ、オオルリ、スズメ、キセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、イスカ、イカル、ホオジロ、アオジ 以上41種

カワセミ出現!

5.コメント:サンショウクイがよく鳴く中、2つのグループで進みました。1班が池の近くまで行くと、「チーッ」という声が。よく探してみるとカワセミの雄が石の上に止まっていました。早速ラッキー♪その頃2班はというと、スタート地点からほど近いところでイスカを1羽確認。こちらも幸運でした。林道を歩いていくとオオルリの声がよく聞こえてきて、姿も何回か確認できました。見晴らしの良い斜面まで来るとサンショウクイがよく飛んでくれました。折り返し地点から戻ってくる途中ではハチクマも確認できました。(高澤)

オオルリ探し中


平成30年5月6日(日) 春の初心者探鳥会 8:30~10:15
1.天気:晴れ
2.場所:愛鳥センター周辺
3.参加者:42名+講師2名
4.観察種:キジ、トビ、ノスリ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エゾムシクイ、センダイムシクイ、スズメ、カワラヒワ、ホオジロ、アオジ 以上15種

野鳥の説明に耳を傾けます

5.コメント:朝から良いお天気で、暑いくらいの気温となりました。最初に石部講師より、美しい写真を用いて野鳥の生活について紹介いただきました。その後、愛鳥センター探鳥路へ出発!駐車場付近ではスズメと巣箱を観察しました。池の近くではシジュウカラやセンダイムシクイの鳴き声を聞くことができ、上空を飛ぶノスリ2羽も観察できました。野鳥の習性や植物についてのお話を聞きながら、緑がまぶしい探鳥路を進み、戻ってくる途中ではアオジが地面でエサを探す姿を見ることができました。愛鳥センターに戻ってきて、桑原講師より“鳥あわせ”をしていただき、最後はおまけの羽のしおり作りも行いました。(高澤)

探鳥路は緑がきれいです


平成30年4月22日(日) 春の渡りを見る会 6:30~9:15
1.天気:晴れ
2.場所:大峰山
3.参加者:42名+講師1名
4.観察種:キジ、キジバト、コチドリ、サシバ、コゲラ、アオゲラ、サンショウクイ、モズ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、ヤブサメ、エゾムシクイ、メジロ、ミソサザイ、ムクドリ、クロツグミ、コマドリ、オオルリ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、マヒワ、ホオジロ、アオジ 以上32種

みんなでヤマガラ観察中

5.コメント:北上するヒヨドリの群れが頭上を通過していく中、今年度初の観察会がスタートしました。暑いくらいの良いお天気で、早速サシバも飛んでくれました。杉林の林道を進むと、ヤブサメやミソサザイが良くさえずり、エゾムシクイのきれいな鳴き声も何度か聞こえてきました。途中、ヤマガラ2羽が追いかけっこをしているところに遭遇。恋の駆け引き中だったかな?折り返し地点近くでは、クロツグミが地面に降りてエサを取っているところを見られた方もいました。うらやましい!戻る途中では、オオルリの鳴き声が茂みから聞こえてきたと思ったら、2羽のオスが飛び出してきました。こちらは、なわばり争いの様子です。オオルリたちは必死だったかもしれませんが、私達は美しい姿をゆっくり堪能することができました。他にコマドリの姿も見られました。(高澤)

オオルリもばっちり見れました