このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の自然・環境の中の愛鳥ブログ 職員が日々の情報をお知らせします
本文はここから

愛鳥ブログ 職員が日々の情報をお知らせします

2018年03月01日

2018年3月1日

春まであともう一歩です。
今週初めからシジュウカラがさえずっています。
コブシの冬芽も大きくなってきました。
もう少ししたら白い花が咲きますね。
2月下旬はカモたちがよく訪れていました。
21日はベニヒワが10数羽見られ、イスカは滞在中です。

以下、2/21~28に愛鳥センター周辺で確認された野鳥です。
キジ、ヒシクイ、コハクチョウ、マガモ、コガモ、ミコアイサ、トビ、オオタカ、コゲラ、アカゲラ、オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、キクイタダキ、ヤマガラ、シジュウカラ、エナガ、ムクドリ、スズメ、ベニヒワ、イスカ

ふわふわしたコブシの冬芽


2018年2月27日

北上するハクチョウやガンが見られるようになってきましたね。
愛鳥センター探鳥路では、昨年10月末に数十羽の来訪があったイスカが、
またやって来ています。
やはり北上の途中なのでしょうか。
体力つけなくちゃ、とばかりに、
マツの実をむしりとって威勢良く食べている姿が見られました。
秋は一週間ほどの短い滞在でしたが、長く居てくれるといいなぁ。

真っ赤なイスカのオス


2018年2月22日

最近、愛鳥センターの池にはマガモやコガモがやって来ていますが、
20日からはミコアイサのメス2羽が見られています。
なんと愛鳥センター周辺では初確認です。
小さな池ですが、ようこそ!

以下、2/11~20に愛鳥センター周辺で確認された野鳥です。
キジ、ヒシクイ、コハクチョウ、マガモ、コガモ、ミコアイサ、キジバト、トビ、オオタカ、コゲラ、アカゲラ、アオゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、キクイタダキ、ヤマガラ、ヒガラ、シジュウカラ、エナガ、シロハラ、ツグミ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ

ミコアイサ来てます


2018年2月19日

観察舎の反対側から何気なく池を見たら、カモがいました。
観察舎から見ればよかった~と思いつつ、あっという間に気づかれてしまいました。コガモは逃げるように雪の上に上がりました。
それまではコガモは逆さまになって池の何かを食べていたようでした。
邪魔してごめんね!

池にマガモとコガモ


玄関前にハクセキレイ

2018年2月17日

きりっとカメラ目線のハクセキレイさんです。
今日からまた雪が続くようですが、玄関前によく来てくれるのはハクセキレイとツグミです。足跡が見つけやすくなりますのでお楽しみに。



玄関前にハクセキレイ


2018年2月13日

まだまだ雪が降りますね。
ヤマガラも途方に暮れているように見えます。
一方、アオゲラは元気に愛鳥センターの壁をコンコン突いています。

以下、2/1~10に愛鳥センター周辺で確認された野鳥です。
キジ、ヒシクイ、コガモ、キジバト、オオタカ、ノスリ、コゲラ、アカゲラ、アオゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、キクイタダキ、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、エナガ、シロハラ、ツグミ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ

雪を眺めるヤマガラ


2018年2月9日

普段あまり良く見ていないキジバトですが、
じっくり見てみると、とってもキレイな色合いをしています。
お腹はブドウ色ですし、翼のうろこ模様も見事です。
首の紺色と青灰色の縞模様もおしゃれ!
周りの白い雪がちょうど良い反射になっているからでしょうか。
今の時期は鳥たちがいつもよりキレイに見える気がします。

キジバトが止まっていました


2018年2月7日

また大雪ですね。
愛鳥センター玄関脇にかけてある巣箱の上にも、
だいぶ雪が積もりました。
18世紀フランスのマリーアントワネットの頭みたいです。
ツグミやハクセキレイ、キジバトなど鳥たちは、
雪が少ない玄関前に集合です。
探鳥路には40cm程の雪が積もり、入るのがちょっと大変かもしれません。

巣箱の上にも積もりました


2018年2月3日

雪が積もった探鳥路に、ノウサギのフンが落ちていました。
周りを見てみると、他にもポロ、ポロ、ポロ・・・と落ちています。
ノウサギは歩きながら、またはエサを食べながらフンをします。
このフンの先にはノウサギがいるのかも、と思うと、
ちょっと楽しいですね。
1月下旬は、記録としてはセンター周辺初確認のセグロセキレイが見られました。

以下、1/21~31に愛鳥センター周辺で確認された野鳥です。
キジ、ヒシクイ、キジバト、トビ、オオタカ、ノスリ、コゲラ、アカゲラ、アオゲラ、モズ、オナガ、ミヤマガラス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、キクイタダキ、ヤマガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、メジロ、ムクドリ、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、アトリ、ミヤマホオジロ、アオジ

ノウサギの落とし物


2018年1月30日

いつものように駐車場で食べ物を探すハクセキレイだなと思っていたのですが、ちょっと違うような気がしました。黒い部分が多いような感じです。鳴き声もハクセキレイとは異なります。セグロセキレイです。愛鳥センター周辺では初確認です。
ツグミもやってきて、お互いやや意識しながら一生懸命に何かを探しているようです。
ハクセキレイは追い払われてしまいました。
雪が積もった後は、鳥たちに大人気の駐車場です。

ツグミとセグロセキレイ


2018年1月26日

大寒波の影響で凍えるような日が続いています。
エサを探す鳥たちも大変です。
アカゲラはマツにぶら下がって、実でしょうか、虫でしょうか、一生懸命に食べていました。
今日は晴れ間もあったせいか、ツグミやハクセキレイも駐車場でよく見られました。
背景が雪で白いので、いつもより見つけやすい気がします。
たくさん食べて厳しい冬を乗り越えてほしいです。

マツにぶら下がるアカゲラ


2018年1月24日

また雪模様ですね。
シャーベット状になった愛鳥センターの池には、
いくつか筋のような跡がついていました。
カモが通った跡でしょう。
昼間は姿を見かけませんが、利用してくれているようです。
20日にはベニヒワが7羽ほど見られました。

以下、1/11~20に愛鳥センター周辺で確認された野鳥です。
キジ、トビ、ハイタカ、コゲラ、アカゲラ、アオゲラ、モズ、オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、メジロ、ミソサザイ、シロハラ、ツグミ、スズメ、ハクセキレイ、アトリ、ベニヒワ

池にはたくさん跡がついています


2018年1月19日

池の周りに足跡があるのを見つけました。
タヌキの足跡でした。
うろうろとエサを探し回っているようです。
少し離れたところにはノウサギの足跡もありました。
雪が溶けている水辺周辺は、エサを見つけやすいのでしょうかね。
1月28日(日)9:00~11:00は、愛鳥センター周辺で、
「足跡ウォッチング」観察会を行います。
なかなか姿を見ることのできない動物たちの行動が垣間見れるかも!?
是非暖かい格好でお越しくださいね。

池の周りに足跡が


2018年1月16日

愛鳥センター駐車場の中庭に、
バードフィーダー(野鳥の餌置き)をつり下げました。
中に入っているのはヒマワリの種です。
シジュウカラやヤマガラが来てくれるかな?
先日の大雪で周りはまだまだ雪だらけ。
エサが見つけにくい時期だけのちょっとした差し入れです。

バードフィーダーつり下げました

愛鳥ブログ 2017年11月24日~2018年1月13日