このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の自然・環境の中の愛鳥センター「平成27年度マツムシの声を楽しむ会」 結果
本文はここから

愛鳥センター「平成27年度マツムシの声を楽しむ会」 結果

2015年09月07日
《平成27年度 マツムシの声を楽しむ会》
虫の音に耳を傾ける参加者

平成27年9月5日(土) マツムシの声を楽しむ会 18:00~19:55
新潟県愛鳥センター紫雲寺さえずりの里
公園指定管理者紫雲寺記念公園グループ
1.天気:曇り
2.場所:新潟県立紫雲寺記念公園
3.講師:「胎内昆虫の家」主任 遠藤正浩 氏
4.参加者:14名
ハヤシノウマオイ ハタケノウマオイ クサキリ オオクサキリ セスジツユムシ エンマコウロギ ツヅレサセコオロギ ミツカドコオロギ モリオカメコオロギ ハラオカメコオロギ アオマツムシ マツムシ スズムシ カンタン ヒゲシロスズ カネタタキ 以上16種

虫の音に耳を傾ける参加者

クマスズムシ

5.コメント
愛鳥センターレクチャールームで簡単な説明を聞き観察会をスタート。センター駐車場草地でカネタタキや数種類のコオロギの仲間の鳴き声を聞きました。道路を渡りさらに散策していくと、徐々に暗くなりいよいよ本命のマツムシやスズムシ、アオマツムシ、カンタンなどの鳴き声を聞くことができました。残念ながら本命の姿は確認できませんでしたが、ウマオイを捕まえたり、アゲハチョウの休眠している姿を見ることができました。
レクチャールームへ戻り、先生が準備された生きたマツムシやクマスズムシの鳴き声を聞き、標本でも昆虫たちの姿を確認し充実した観察会でした。(西脇)

クマスズムシ