このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の自然・環境の中の釣り糸や釣り針は持ち帰りましょう
本文はここから

釣り糸や釣り針は持ち帰りましょう

2014年11月13日
左の足先を失ったウミネコ
左の足先を失ったウミネコ

意外に多い釣り糸・釣り針被害

愛鳥センターに収容される野鳥たち(特にカモメ類)の中には、釣り糸(テグス)や釣り針による被害を受けたものが多く見られます。
池や海岸に捨てられた釣り糸にからまると、身動きが取れなくなったり、血が通わなくなって足が取れてしまったりします。
(釣り糸は丈夫なためなかなか切れず、しかも腐りません。)

釣り針がついたまま捨てられた魚やルアーなどをエサと間違えて飲み込むものもいます。
針がのどの奥深くに食い込むと、エサが食べられず弱って死んでしまいます。

予防はかんたん。
「釣り糸や釣り針を捨てない」ことです。

釣り糸がからまったオオミズナギドリ

捨てられた釣り糸や釣り針はゴミとなるだけでなく、野鳥の命も奪っているのだということを多くの方に知っていただき、基本的なマナーを守るということを心掛けていただければと思います。

釣り糸がからまったオオミズナギドリ

釣り針・釣り糸がからまったカワセミ
釣り針・釣り糸がからまったカワセミ